藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 「ありがとう、台湾」日本の有志6000人、地元2紙に広告 BLOGTOP » 日台共栄 » TITLE … 「ありがとう、台湾」日本の有志6000人、地元2紙に広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ありがとう、台湾」日本の有志6000人、地元2紙に広告 

chn11050318070001-p1.jpg



「ありがとう、台湾」日本の有志6000人、地元2紙に広告 
2011.5.3 18:05

クリックして拡大する

日本の有志約6千人による感謝広告を掲載した3日付の台湾紙、自由時報(左)と聯合報(共同)
 「ありがとう、台湾」。東日本大震災で多くの被災地支援を行った台湾に対し、日本在住の「有志一同」約6千人が3日付の台湾紙、聯合報と自由時報の2紙に、日本語を交えた感謝の広告を掲載した。

 台湾に謝意を伝えたいとする女性デザイナーが短文投稿サイト「ツイッター」などを通じて広告を提案。約240万円の広告掲載料を捻出するため、1口千円の募金を呼び掛けたところ、1900万円以上が集まった。差額は被災地へ義援金として送るという。

 台湾からの義援金は先月27日までに約55億5千万台湾元(約157億円)に達している。(共同)

ここまでMSN産経ニュースより引用


 日本人有志によるこの広告は、多くの台湾人の感動を呼び起こし、広告が掲載された2紙は売り切れたようです。
 本来は日本政府が新聞広告を出すのが当然です。しかし今回の出来事は、国が儀礼的に出すものよりも意味が重いとも言えます。
 日本と台湾の新しい関係は、ここから始まるでしょう。
 

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。