藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 【討論!】日韓併合の真実とこれからの日韓・日朝関係[桜H22/7/24] BLOGTOP » 歴史 » TITLE … 【討論!】日韓併合の真実とこれからの日韓・日朝関係[桜H22/7/24]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【討論!】日韓併合の真実とこれからの日韓・日朝関係[桜H22/7/24]


パネリスト:
 黄文雄(作家・評論家)
 杉本幹夫(自由主義史観研究会理事)
 高山正之(ジャーナリスト)
 西岡力(東京基督教大学教授)
 三浦小太郎(評論家)
 宮脇淳子(モンゴル史家・学術博士)
 室谷克実(評論家)
司会:水島総



http://www.youtube.com/watch?v=lV3xxRaF1fk&feature=player_embedded#!

http://www.youtube.com/watch?v=UMq-dvhanNQ&feature=watch_response_rev

http://www.youtube.com/watch?v=Udtk4tKEZgM&feature=PlayList&p=33D96A2053C4824C

http://www.youtube.com/watch?v=OcE-4brubeA&feature=PlayList&p=33D96A2053C4824C



 経済力と武力のみで、道徳的或は精神的な魅力が無い中国に、中長期的な
 存在理由はありません。
 物心両面或は東西の文明・文化の懸け橋になれる日本が、世界的な価値を持ち続けるのは
 ごく自然なことでしょう。
 ただ現在のところ、間違った歴史教育とイデオロギーにより、多くの日本人が自分たちの価値と使命を
 忘れております。
 韓国が今度こそは日本と共に人類共通の敵である中華思想と戦えるかどうかは、彼ら自身の
 成長と日本の硬い対応に関わっております。
 日韓関係が民主党と反日韓国人に左右され続けるならば、残念ながら日本も韓国も共に、
 中国のブラックホールに飲みこまれるに違いありません。

 

人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。