藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 【靖国神社】「みたままつり」に李元総統がぼんぼり献納BLOGTOP » 日台共栄 » TITLE … 【靖国神社】「みたままつり」に李元総統がぼんぼり献納

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【靖国神社】「みたままつり」に李元総統がぼんぼり献納

100715a.jpg


【靖国神社】「みたままつり」に李元総統がぼんぼり献納

2010.7.16 産経新聞
台湾の李登輝・元総統が揮毫雪洞を靖国神社の「みたままつり」に奉納 


靖国神社(東京都千代田区)で16日まで開かれている「みたままつり」に、台湾の李登輝元総統が「揮(き)毫(ごう)雪(ぼん)洞(ぼり)」を奉納している。戦死した李氏の実兄ら祭られている英霊を悼んでのもので、参拝者の目を引いている。

 みたままつりには、著名人らが揮毫した雪洞が奉納されている。李氏の方形の白地の雪洞には、好きな言葉という「誠実自然」という文字が浮かび上がり、人として誠実かつ自然に生きたいという李氏の思いがこめられているようだ。

 靖国神社には、約2万8000人の台湾出身の軍人・軍属が祭られ、李氏の亡兄の李登欽氏も「岩里武則」の日本名で合(ごう)祀(し)されている。李氏は2007年6月7日に靖国神社を初参拝した際、「62年ぶりに兄に会え、涙が出ました」と感激した面持ちで話していた。李氏の靖国参拝をめぐっては中国が批判するなどしたが、李氏は「(戦争で)亡くなった人を祭ることは当たり前」と反論した。

 靖国神社の広報担当の宮沢佳広さんは「李さんの雪洞を見て、お兄さんをはじめ英霊も喜んでいると思う」と話している。


 礼儀之国でも「陰が極まれば陽になる」と言われます。
 ここ数年台湾の中国化と日本の台湾化が極まり、中国に併呑される寸前であるかのように
 見えますが、最終的には道義が生きている日本と台湾が生き残るのが自然の摂理です。
 そのことを一番よく分かっているのが、他ならぬ中国自身でしょう。

人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

*** COMMENT ***

NO TITLE

陰陽道で生門と死門があり
台湾と日本はアジアの生門である

死門は中国。。。
21世紀は人類文化を絶滅する時代
だから、死門の中国は強大になりました

人類の世界は地球の生態系のような
地球は何度の生物絶滅を経験したことがあった
人類の歴史もそうなんでした

しかし、生物が絶滅した後
もう一度栄えてころが来た

今の中国はブラック・ホール
付近の国家を丸飲みにしています

台湾と日本も間もなく丸飲みにされるように

しかし、結局は中国が自分に解体する
だから、中国の解体する前
台湾と日本は最後の活力を保存しなければなりません


我們必須等待時機,反攻中國~!!!

NO TITLE

>>ライト様

台湾と日本の意識の高い人々が、
台湾精神と日本精神を持ち続け、
少しずつ若い人々に広げましょう。
いつか台湾と日本に必ず反撃のチャンスがあるでしょう。
まずその気持を忘れないことが、中国の生物兵器の
拡散の勢いを減らし、沈静化する必要条件でもありますね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。