藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 民主党との関係強い原中氏当選BLOGTOP » 時事・社会 » TITLE … 民主党との関係強い原中氏当選

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党との関係強い原中氏当選


日本医師会(日医、会員約16万6千人)の会長選挙が1日、東京都の
日本医師会館で行われ、茨城県医師会長の原中勝征氏(69)が、
現職の唐沢祥人氏(67)、京都府医師会長の森洋一氏(62)らを破り
初当選を果たした。任期は2年。原中氏は民主党支持者で、日医も夏の
参院選に向け民主党支持へ方針転換する可能性が高い。

 3氏による事実上の三つどもえとなった今回の会長選は「民主党との関係」が
最大の争点。原中氏は昨年の衆院選前から民主党支持を表明し、民主党との
パイプの太さを強調。4月から診療報酬全体が10年ぶりに引き上げられたことを
実績としてアピールしていた。

 敗れた唐沢氏は政権交代後に自民党一党支持を撤回したが、参院選で自民党
の西島英利氏(61)を組織内候補として推薦する方針を堅持したことが批判を呼んだ。
「政治的中立」を訴えた森氏は出遅れが響いた。

 代議員の投票結果は原中氏131票、森氏118票、唐沢氏107票、
京都府医師会員の金丸昌弘氏(44)0票だった。

 原中氏は昭和41年、日大医学部卒。東大助教授などを経て平成16年から
茨城県医師会長。福島県出身。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100401/stt1004011213003-n1.htm
日本医師会・会長選挙2010
日医新会長に原中氏に当選も、「ねじれ執行部」に
副会長3人中、原中氏推薦はゼロ、常任理事は10人中6人
2010年4月1日 橋本佳子(m3.com編集長)



 損切り出来なかったんでしょうかね。高値を掴まされた悪寒が・・・。
 昔は医者は国士と呼ばれた時代もあったそうですが・・・。
 まあ過半数も取れなかったわけで、民主党も満れば欠けるということでしょうか?

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。