藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 家族と日本の暮らし方を壊す法案に反対しようBLOGTOP » 民主経問題 » TITLE … 家族と日本の暮らし方を壊す法案に反対しよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族と日本の暮らし方を壊す法案に反対しよう


拡散及び抗議ファックスのお願い
先日の千葉法務大臣の選択的夫婦別姓法案提出示唆に対する抗議です。
この法案は、地方参政権問題同様、日本の家族のあり方を変えてしまう大きな問題です。
我々の力で抗議、拡散、啓蒙にて断固阻止する事にお力をお貸しください。

●この法案を推進する福島瑞穂参議院議員(社民党・弁護士)の発言です
①結婚をしていようがいまいが、心はどうしようもなく動いていく。結婚をした後だっていろんな出会いがあるし、
素敵な人に会うことだってあるだろう。また、人を好きになるときに「未婚」と「既婚」を振り分けているわけではない。
「恋愛は自由競争」ではないだろうか。あるいは、「愛情の切れ目は縁の切れ目」なのだ。

②私は、子供が18歳になったら『家族解散式』というのをやろうと思っていて、それ以降は、
パートナーと子供ともスープのさめない距離に住んで、名実共に個人単位で暮らしていきたいなと思っている。

③家族だって、ひとつの定義にすぎない。家族も個人のネットワークなんだ。
                              (「結婚はバクチである」大和書房)

④子どもが18歳になれば、「ごかってに」と言いたい。365日、24時間、他人の干渉なしに生きて、
自分でも白紙の人生をどう生きるか考えたらいいし、私もそうしたい。私の場合は、
子どものごはんや休みのいろんなやりくりをすることから『解放』されたいのだ。バンザーイ。          
                         (「福島瑞穂の落第子育てノート」主婦の友社)

日本が日本で無くなってしまいます。

各政党、大臣に抗議ファックス(有効)メールをお願いします。


民主党 〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1
TEL:(03)3595-9988 FAX:(03)3595-9961メールhttps://form.dpj.or.jp/contact/



 日本の苗字は「姓」ではなく「氏」と言うそうです。
 中国や韓国は血縁を示す「姓」が重視され、夫婦別姓です。
 そのために近親相姦を防ぐために、基本的には同じ「姓」の人とは結婚を避けるとか。
 日本の場合には、血縁も関係しますが、ひとつの「家族」の象徴として「氏」を用います。
 ですから結婚し子どもが出来れば、みんな同じ「氏」の元で暮らすのです。

 共産主義のやカルト教団では、家族から子どもを話して「思想教育」して愚民化し、
 権力者と奴隷という恒常状態を保とうとします。

 日本では家族、友人、地域、職場、市町村、そして国家が、愛着と反発を含めて豊穣な関係を保ち、
 自由に多様に生きていくことが出来ます。それは「家族」がまだ残っているからです。

 歴史や文化・国柄を無視した、愚かな実験を日本に持ち込むことを、何とか阻止したいと思います。
人気blogランキングへ気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking気が向いたら、これも押しておくれ

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

社会民主党 〒100-8909 東京都千代田区永田町1-8-1
TEL:(03)3580-1171 FAX:(03)3502-6155メール

国民新党 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館A-7階
TEL:(03)5275-2671 FAX:(03)5275-2675 メールhttp://www.kokumin.or.jp/opinion/

【閣外協力】新党日本 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-7-11 平河町根本ビル4階
TEL(03)5213-0333 FAX:(03)5213-0888 メールgoiken@love-nippon.com


【閣外協力】新党大地 〒060-0061 札幌市中央区南一条5-17-2 プレジデント松井ビル602号室
TEL:(011)251-5351 FAX:(011)251-5357 メール送信フォームhttp://www.muneo.gr.jp/html/mail.asp
野党

自由民主党 〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
TEL:(03)3581-6211(代表) FAX:(03)5511-8855 メールhttp://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html

公明党 〒160-0012 東京都新宿区南元町17
TEL:(03)3353-0111 FAX:(03)3353-9746 メールhttps://www.komei.or.jp/contact/index.html

日本共産党 〒151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-7
TEL:(03)3403-6111 FAX:(03)5474-8358 メール info@jcp.or.jp

みんなの党 〒102-0092 東京都千代田区隼町2-12 藤和半蔵門コープ606号
TEL:(03)5216-3710 FAX:(03)5216-3711 メールhttps://www.your-party.jp/contact/mail.cgi

改革クラブ 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-5 クレール平河町201号
TEL:(03)3237-0948 メールhttps://www.kaikakuclub.jp/opinion/

____________________________________________________

<例文>

抗議します

千葉法務大臣の夫婦選択的別姓論法案提出発言に抗議します。
民主党は「選択的夫婦別姓」を何が何でも実現させようとしています。
「選択的夫婦別姓」についてはずっと以前から議論がなされてきましたが、
自民党政権下では問題があまりにも多いという事で全て却下されてきました。
しかし民主党に政権が変わり、実現する可能性が一気に高まりました。
「選択的夫婦別姓」には以下の政策も付随します。

・婚外子差別の撤廃
・再婚禁止期間の短縮

これらの目標とするものは、婚姻関係を基礎とした家族制度の廃止であり、
愛し合う男女が愛情の続く間だけ一緒になっていれば良いとする「事実婚主義」の推進です。
私たちは、会社、学校、サークルなど様々な共同体に属し、それらを通じて社会に参画しています。
その中でも人が最初に属し、 最も身近な共同体が家族であり、社会がうまく機能するためにも、
人が心穏やかに生きるためにも家族は不可欠なものであると思います。
であるからこそ、私たちの祖先は家族という形態を今日まで維持し続けてきたと思うのです。
現状に目をやるばかりでなく、こういった歴史の事実をしっかり踏まえなければなりません。
別姓制度の導入で家族の解体が進めば、同じ社会にいる私たちは、多かれ少なかれ影響を受けます。
「自分は同姓を選択するから関係ない」と言っている場合ではありません。
時代とともに生じてきた問題の解決に努力することは必要ですが、
世界を見ても、自国の歴史を見ても、自分の家族の存在を考えても、
家族という形態は今後も維持すべき大切なものであると思います。
それともう一つ、日本にとって深刻な影響が考えられます。
それは、この制度が「皇室の解体」に繋がる恐れがある事です。
日本の天皇制とは、日本の伝統的な家族制度の象徴と言えるものですので、
家族制度が崩壊すれば、天皇制をあり方まで見直しを迫られる可能性が出てきます。

「選択的夫婦別姓」というのは、実際は国家の根幹を揺るがしかねない悪法ではないでしょうか?
今国会での提出を示唆した千葉法務大臣に根本的に反対します。
国民は先生の良心を信じて見守っております。

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。