藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 外国人選挙権反対意見書を可決 栃木県議会BLOGTOP » 時事・社会 » TITLE … 外国人選挙権反対意見書を可決 栃木県議会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人選挙権反対意見書を可決 栃木県議会


外国人選挙権反対意見書を可決 県議会 賛否分かれる 傍聴席「落胆」と「安堵」
(2月19日 05:00)
 永住外国人への地方選挙権付与の法制化に反対する意見書案が2月定例県議会初日の18日、自民党議員会などの賛成多数で可決された。公明党・新政クラブと共産党は反対討論を展開し、県議会の賛否は割れた。傍聴席で採決を見守った人たちには「落胆」と「安堵」が交錯した。

 「永住外国人が参政権を得るには帰化によるべきだ」。自民の五月女裕久彦氏は法制化に反対する理由を述べた。

 これに対し、公明党・新政の山口恒夫氏は「経済協力開発機構(OECD)加盟国で地方参政権を認めていないのは日本だけ。納税義務を果たしている以上、権利を行使したいと考えるのは当然」。共産党の野村節子氏は、県議会が1995年3月に地方参政権付与に賛成する意見書を全会一致で可決した経緯にふれ「政権交代で、政権党から法制化の動きが出たら、真逆の意見書を提出するのでは、県議会の誠実さが疑われる」と論陣を張った。

 95年の意見書可決に加わった自民の増渕賢一氏は賛成討論で「状況は大きく変化し、認識も変化した。納税義務に対する権利は行政サービスを受ける権利。参政権に対する義務は、国に帰属するということだ」などと主張した。

 傍聴席には在日本大韓民国民団県地方本部の約30人が訪れた。金一雄団長は「法制化の動きに期待していた。自民党議員が賛成の姿勢を覆すのは、政権交代があるのか。私たちは日本で生まれて死んでいく。自民党議員との話し合いの場を持ちたい」と語った。

 一方、同本部以外の傍聴者も訪れ、30歳代の女性は「納税を根拠にするのは理論的におかしい。反対の意見書が可決されてほっとした」。20歳代の男子大学生は「多く納税していれば、それだけ選挙権があるとでもいうのか」などとした上で、「(付与に)賛成の議員は勉強不足だ」と話した。
以上下野新聞SOONより引用


 昨夜のネットの噂では、「国会議員は日本有数の売国議員ばかりだが、地方議員はまだ堅実でした! ありがとう栃木県民の皆様。ありがとう栃木県議会議員の皆様!」と、日本各地で喜びの声が上がっていたようです。

人気blogランキングへ気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking気が向いたら、これも押しておくれ

*** COMMENT ***

『日本人は害虫』小沢幹事長が韓国の大学で講演

『日本人は害虫』小沢幹事長が韓国の大学で講演
             ↓
http://www.youtube.com/watch?v=-ymU29ddtx4

NO TITLE

>>花子さま
小沢氏は日本で一番下品なゴロツキだから仕方が無いでしょう。
小沢氏には何も恐れるものはありません。ただ、小沢氏と係わると
人間性が暗黒面に落ちて行くだけです。その恐ろしさを知らない馬鹿な
日本人が未だに居ることも恐ろしいですが・・・。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。