藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 外患誘致か風邪のためか 免疫機能を高めるためにBLOGTOP » 医食同源 » TITLE … 外患誘致か風邪のためか 免疫機能を高めるために

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外患誘致か風邪のためか 免疫機能を高めるために

 昨日の昼休みは午睡の時間もなく、8か月健診に行ってきた。
 こんな不況で寒い中誰も赤ちゃんを連れてこないと思ったら、
 17人も来ており、お母さん方もご苦労なことである。
 幸い皆さん健康なようであった。

 ところが、健診のあとクリニックに戻ってから、こちらの具合が
 悪くなる。悪寒がするし、節々が痛く吐き気もする。

これは平成の黒船によってもたらされた外患か風邪に違いない。
 あるいは民フルの欠乏症か?

 私は、すぐに感冒散を飲んで寝ることにした。

 ある医師によれば、免疫機能をサポートするために、ビタミンCを
 豊富に含んだ食事をすることが必要だと言う。
 ビタミンCは、白血球の機能や組織修復に必要なコラーゲンの生成に必要でもあり、
 また酸化を防ぐ作用は過剰な炎症反応を予防する。
 
 ビタミンCを多く含む食べ物には:

 ブロッコリー
 マスクメロン
 キウイ
 オレンジ
 ピーマン
 パイナップル
 ピンクグレープフルーツ
 イチゴ

 などがあり、一年中食べ物から補給可能である。

 しかし補助的なビタミンCの補給源として、私は最近C1000タケダを愛飲している。
 私のおかげで、最近某ヨーカ堂のC1000タケダコーナーが拡張されたという。

 またビタミンCの欠乏は知能低下をもたらすと言われ、受験シーズンには1日一本飲むとよい。

 私は、長女と次女の時は、「人はマイタケのみによって合格するのだ」と言いつつ、毎日
 マイタケDフラクションを飲ませてやった。
 だが、昨年の一難の大学受験シーズンの時には、やはりC1000タケダを1日2本くらい飲ませた。

 あなたかあなたのお子さんが受験生であれば、「人はC1000タケダのみによって受かるのだ」と、
 暗示にかけてあげると良い。
 運がよければ、もしかした合格できるかもしれない。

 しかし外患を誘致する傀儡政権に対しては、やはり民振るって抗議するしかないだろう。


人気blogランキングへ気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking気が向いたら、これも押しておくれ

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。