藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 民主党不況漢方にも及ぶBLOGTOP » 東洋医学 » TITLE … 民主党不況漢方にも及ぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党不況漢方にも及ぶ


【日本東洋医学会など4団体】漢方製剤の「保険外し」反対で署名活動

 日本東洋医学会など4団体は、行政刷新会議の事業仕分けで、医療用漢方製剤の健康保険適用除外の提案が出たことに対して、反対する見解を表明し、4団体連名で「漢方を健康保険で使えるように署名のお願い」とするホームページ(http://kampo.umin.jp/)を開設。電子署名活動を開始している。12月7日を締切とし、集まった署名は関係各所に提出する予定という。


 11月11日に開かれた行政刷新会議の事業仕分け作業では、漢方薬等の市販品類似薬を保険適用外とする方向で結論が下された。これに対し、4団体はHP上で、医師の7割以上が漢方薬を使用し、国民の健康に寄与している現状や、医学教育で漢方が取り入れられ、専門教育なども進んでいることを紹介。「漢方薬・煎じ薬」が健康保険で使用できなくなることに対し「断固反対」を主張している。

 4団体は次の通り。

 ▽日本東洋医学会(寺澤捷年会長)▽日本臨床漢方医会(石川友章理事長)▽健康医療開発機構(武藤徹一郎理事長)▽医療志民の会(木戸寛孝事務局長)

薬事日報ウエブサイトより


 財務省に踊らされる民主党の「聖域なき事業仕分け」がいよいよ我が身辺にも及び、「医療用漢方製剤」の健康保険適用除外の提案が出たようです。
 事業仕分けなんぞには何の強制力もなく、最後の結論は日王が上納金に応じてサイコロでも振って決めるのでしょうが、駄目もとで暇なお方は電子署名をお願いいたします。
 署名が100万人にも及べば変わるかもしれないし、もともと中国利権がらみですから単に「政治ショー」の一つで挙げられただけかもしれませんが・・・。
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ  

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。