藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … とりあえず誰も死ななくてよかったBLOGTOP » 時事・社会 » TITLE … とりあえず誰も死ななくてよかった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず誰も死ななくてよかった


http://www.youtube.com/watch?v=wD0SMxdJ7dI


参政権法案 今国会提出断念へ 政府・民主 党内外に反発強く
2009.11.11 10:03

このニュースのトピックス:鳩山内閣
 政府・民主党は10日、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案の今国会への提出を見送る方針を固めた。同法案をめぐっては、民主党の山岡賢次国対委員長が6日、議員立法として今国会に提出したいとの考えを示していた。

 民主党の小沢一郎幹事長は、和歌山県高野町で記者団に対し、同法案について「外交政策が背景にある問題だから、私がとやかく言う立場ではないが、基本的には政府提案(政府提出法案)としてやった方がいいだろう」と述べた。

 ただ、平野博文官房長官は同日の記者会見で「この国会で政府提案としてやる時間的な余裕はない」と述べた。付与に懐疑的な民主党国対幹部も「外国人参政権なんて党内がもたない。いずれにしても今国会ではできない」と語った。同党や山岡氏ら関係議員に国民から多くの抗議が寄せられたり、党内保守系議員が反発したことも提出を見送る理由となったようだ。

 今後も参政権付与推進派の動きは続くとみられるが、平野氏は10日の会見で、来年1月召集の通常国会への対応について「連立3党の党内で議論が必要だ」と与党の意見集約が政府提案の前提条件との認識を示した。国民新党は「うちの党は(意見集約が)難しい」(亀井静香金融相)としている。

 民主党内で検討中の法案は、日本と相手国が互いに同程度の権利を認める「相互主義」を採らず、中国人でも日本の永住者なら地方参政権を与える内容だ。

以上MSN産経ニュースより引用




 民主党政権になってから急に言論統制と軍靴の音が近づいてきており、いよいよ戦前のように政治家に対するテロルが復活するのでは、という噂が流れておりましたが、とりあえず危険は先延ばしされたようでよかったですね。

 益々冷え込みが強い年末になりましたので、景気対策、雇用対策、福祉対策、子供が3歳になるまでは母親が自ら家庭で出来る子育てのための支援、自殺者対策、基礎的知育対策、福祉対策、そしてあまったら医療費の充実など、日本国民の生活のための政策を最優先させてください。

 いかがわしい根拠に基づく温室効果ガス対策で、中国などに流す予定の2,3兆円のお金は、日本国民の福祉と国防衛の充実ために使いましょう。

 まず何よりも、公約に掲げた国会議員などの「公務員」の削減を行いましょう。税金で選挙対策しかしていない無駄な公務員は、早く首にしてください。

 「日本を差し上げるのが悲願だ」とか、「愛のテーマ」だとか言っていると、仕事もせず親の貯めた金で遊びながら「親がつくった日本を壊そう」と妄想していた、昔の共産主義者か何かに間違われ、瘋癲病院に運ばれる恐れがありますので、余り言葉のサラダを並べないほうがよいでしょう。
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。