藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より転載 馬英九に動き?BLOGTOP » 中国問題 » TITLE … 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より転載 馬英九に動き?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より転載 馬英九に動き?


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成21年(2009年)10月30日(金曜日)
         通巻2754号 (10月29日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 近く、台湾側が大がかりな妥協か?
  中台関係の劇的な「前進」に米国は暗黙の了解?
****************************************

 新華社報。「海峡両岸関係協会の陳雲林会長は台湾側の海峡交流基金会の江丙坤理事長と北京市内で会談し『中台のメディアが交流を強化し、中台関係の平和的発展につながる世論をつくってほしい』と強調した」(10月28日)。
 台湾側の窓口のボスは江丙伸、大陸側は陳雲林の背後に王毅(国務院台湾弁事処)がいる。

 台湾は中国メディアの国内取材を完全に自由にすると発表した。
 現在、台湾駐在の中国メディアは七社。これまでは三ヶ月ごとのヴィザが必要だったが、いきなり六ヶ月ヴィザを認め、しかも取材先を事前に届ける必要があったが、まったくの自由として、台湾国内何処でも事前の許可なく取材可能となる(ヘラルドトリビューン、10月29日付け)。

 従来、台湾では中国メディアは『スパイ』という認識だったが、それもなくなり、新華社と中国中央電視台はそれぞれが現地スタッフを三人から五人の体制とする。
 
 大陸で台湾メディアは同様な措置、特権を与えられておらず、この一方的妥協は台湾がつぎに大陸側から何かの取引を得たいと考えている証拠でもあり、馬英九訪中の地ならしではないか、と観測されている。
  ◇



人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ 

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。