藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … メルマガ「日台共栄」より転載 モーラコット台風災害義捐金などBLOGTOP » 日台共栄 » TITLE … メルマガ「日台共栄」より転載 モーラコット台風災害義捐金など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルマガ「日台共栄」より転載 モーラコット台風災害義捐金など


1>> 台湾の台風被害【八八水害】に対する「お見舞い募金」について

 日本李登輝友の会は台湾の台風8号(モーラコット)による「台湾八八水害」に対し、8月12日より「お見舞い募金」活動をしてまいりました。お蔭様で10月19日現在、募金総額は921万1834円となっています。

 当初の予想をはるかに超える義捐金もさることながら、本当に多くの方にお寄せいただき、ご協力いただきました全ての方々に深く御礼申し上げます。

 この「お見舞い募金」について案内した際、「募金は確実にお役に立つよう、被害が深刻なところなどにお送りさせていただく予定です」とお伝えし、また「義捐金は台湾政府でも台湾駐日代表処でもなく、被災地に直接お送りする予定です」ともご案内してまいりました。

 そこで、被害が深刻な高雄県や屏東県などが設けている募金用の銀行口座をすべて確認し、送金できる態勢を整えました。ところがその後、日本李登輝友の会の台湾側カウンターである台湾李登輝之友会の理事長が交替し、日本でもよく知られる「老台北」こと蔡焜燦氏が第3代理事長に就任することが判明し、去る10月18日に正式に就任いたしました。

 蔡焜燦氏にはこの「お見舞い募金」活動について当初からお伝えしていましたので、新台湾李登輝之友会として仲介してもよいというお話をいただき、それなら台湾李登輝之友会を通じて、当方が希望する被害のひどかった高雄県、屏東県、台南県、台東県、嘉義県、南投県などの各政府にお贈りしていただこうということになりました。

 「お見舞い募金」活動は10月末まで行い、その後、台湾李登輝之友会に送金、台湾李登輝之友会から被災地の各県政府にという段取りとなります。

 「お見舞い募金」にご協力いただいた方々には何卒趣旨をご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 平成21年(2009年)10月吉日

                                日本李登輝友の会

*お見舞い募金のご案内は本メルマガの下段にご案内しています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 小林よしのり氏が「SAPIO」で李登輝元総統との対談「新台湾論」続編を掲載!

 昨10月21日、小林よしのり氏が李登輝元総統との対談「新台湾論」の続編を「SAPIO」(11月11日大増ページ紅葉特大号)誌に発表した。

 前号(9月30日発売)では、訪日中の李登輝元総統と熊本県で9年ぶりに再会し、数時間にわたって対談した模様を「新台湾論─李登輝元総統との再会」として発表したが、今回はその続編を「新台湾論─李登輝の偉業を確認する」と題して掲載している。

 本会などが取り組むNHK「JAPANデビュー」問題も出てきて、李元総統が「製作者が極めて特殊な考え方を持っているんだろう」「『李登輝友の会』は憤慨してNHKに抗議しているらしいね」と話されたことや、高金素梅について「あれはつまらない女ですよ」との発言も紹介されたりしていて、一歩踏み込んだ内容になっている。

 また、「日本の政治家の中にも、未だに李登輝の為した仕事の凄さがわかってない」として「中華の冊封体制から離脱した聖徳太子のような偉業」について描いている。

 冒頭では、曾文恵夫人が李元総統と小林氏の対談を収録した『李登輝学校の教え』を手にしているところが描かれているが、ここで李元総統訪日中のエピソードをひとつ。

 李元総統が小林氏と対談した9月9日の夜のことだ。ホテル熊本日航の居室で某日本メディアとの単独会見が行われた。記者が李元総統にインタビューしていると、曾文恵夫人はわざわざこの本を取り出し「この本読みましたか?」と会話に加わった。開いた本にはところどころに赤鉛筆の線がびっしり。「私はね、60年前に結婚した時から李登輝学校の学生なの。何にもしてないけどね」とほがらかに笑う曾文恵夫人。

曾「でもねぇ、この本読むと夫は台北市長の頃から、真面目に忙しく皆さんのために働いていたのねぇというのがよく分かるわ」

李「僕は仕事のことはほとんど言わないからねぇ」

曾「でも、原稿を最初に読むのは私ですよ。たまに間違いを見つけたりして。この本(李登輝学校の教え)、中国語版出した方がいいわよ」

李「いや、もう中国語になってるんだよ」

曾「でも、私は日本語の方が読みいいわ。これなら一晩で読めるけど、中国語だと3日以上かかるわ。それにしても彼(小林氏)、とっても頭いいわね。夫と3回対談しただけでこの本一冊書いちゃった。だからね、ちょっと疲れて調子悪かったけどね、今日(午前の対談)は必ずよしりんさんに会いに行きます、と思って出掛けたのよ」

 小林氏には再び台湾を訪問して台湾の現実をその目で確かめ、ぜひこの『新台湾論』を一書にして世に問うて欲しいものだ。                  (編集部)


人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

迷走日本の行方――内閣支持率70%?!死に至る日本の病と新政権(OAK MOOK 308 撃論ムック)迷走日本の行方――内閣支持率70%?!死に至る日本の病と新政権(OAK MOOK 308 撃論ムック)
(2009/10/16)
西村 幸祐

商品詳細を見る

*** COMMENT ***

NO TITLE

日本の皆さん~ありがとう~!!!
アジアで台湾と台湾人の『良い友達』が日本と日本人だけ

ヤブーさん、ありがとう~!!!

NO TITLE

>>ライト様
 こんばんは。
 台湾も日本も風前の灯火ですかね。
 善人は早死にし、良い国は生き残れない!?

 そんなことは、ありません。
 強く靭やか(シナ嫌か?)な、台湾魂と大和心で、
 頑張りませう!!
 友愛と東アジア共同体は、日台共栄から始めるぞ。(笑)

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。