藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … いわゆる新型インフルエンザ関連BLOGTOP » 感染症 » TITLE … いわゆる新型インフルエンザ関連

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわゆる新型インフルエンザ関連

091006b.jpg新型インフルエンザ予防接種日程表

新型インフルエンザA(H1N1)に対する予防接種の日程表が発表されたが、現場の方ではいささか混乱状態が続いている。
 本日8日に県医師会からの「新型インフルエンザ予防接種業務の受託希望調査」が来たばかりであり、この調査による委任状の締め切りが10月13日までである。 
 医薬品の卸の会社の人に聞いても、国産ワクチンの納入価すら決まっておらず、最近輸入ワクチンの入れ替えもあった様だ。
 何分初めてのことなので、国もいろいろと大変なのだろう。

 今回日本で使われる新型インフルエンザに対するワクチンは、従来の季節性インフルエンザに用いられているものと同様に不活化ワクチンである。したがって、感染を防御する抗体は誘導できず、発病の危険性や重症化のリスクを軽減するためのものである。

 幸い今回の新型インフルエンザは今のところ毒性は余り強くなく、日本では致死率も高くないようだ。

 潜伏期間は1日~7日で、発症前1日から発症後5~7日まで人に感染させる可能性がある。(小児では最長10日程度)

 症状としては、発熱や咳、悪寒、咽頭痛、全身倦怠感、頭痛、鼻汁、関節痛、筋肉痛、下痢や嘔吐などが多い。
 上に書いた症状が1日以上ある場合は、主治医の診察を受けインフルエンザの検査を受けたほうが良いだろう。

 感染を予防するためには、
 ○咳エチケットを守る(鼻や口を腕などでカバーする。テッシュを使った場合は、蓋付きのゴミ箱に捨てる。)
 ○手をこまめに洗う。特に咳や鼻水を出した後は、丁寧に洗う。アルコールをベースにした消毒薬も有効)
 ○手を洗うまでは、眼や鼻の粘膜に触れないように注意する。
 ○インフルエンザの患者さんとの接触をなるべく避ける。
 ○もしあなたがインフルエンザに感染したら、重症でない限り自宅で安静にし、感染の拡大を避ける

 重症化のサインとしては、
 ○呼吸困難や息切れ
 ○胸痛や腹痛が続く
 ○めまいが生じたり、意識状態が変化
 ○嘔吐や下痢が続く
 小児では、
 ○呼吸が速い、息苦しそう
 ○顔色が悪い
 ○嘔吐や下痢が続く
 ○落ち着きが無い、遊ばない、反応が鈍い
 ○痙攣する

 以上のような症状がある場合は、主治医の指示をもらうか、救急で施設の整った医療機関を受診する。

 気が向けば以下続くかも・・・

 人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。