藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 本日の感染症とメルマガ「台湾の声」よりの転載BLOGTOP » 感染症 » TITLE … 本日の感染症とメルマガ「台湾の声」よりの転載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の感染症とメルマガ「台湾の声」よりの転載


【ニュース】李登輝元総統が台中交流について語る

2009.6.29

        「台湾の声」

 李登輝・元総統(元大統領)は6月27日、群策会のパーティーに出席し、台湾と中国の交流について語った。

 馬英九総統(大統領)が「92年合意」(一つの中国の解釈をそれぞれ表明する)を台中両岸交流の基礎とすると主張していることに関して、李元総統は「馬政権は歴史を捏造し、台湾人を騙しており、これは台湾人にとって極めて不満なことだ」と批判した。

 台湾と中国の交流強化について、李元総統はルールさえきちんとしていれば「3通でも、4通でも、5通でも構わない」と基本的には反対しない考えを示したが、その方式については台湾と中国がいずれも加盟している世界貿易機関(WTO)の枠組みで進められるべきであると語り、「国共(中国国民党と中国共産党)の交流方式のどこが必要なのか?」と政党主導の交流方式を批判した。

 また、李元総統は中国との交流を強化する際には、アメリカ、日本、ヨーロッパとさらに関係強化する必要があると強調した。

 李元総統は、台湾と中国の関係について「あなたはあなた、私は私、あなたは私の友達」と述べ、自他関係をはっきりさせた上で友情関係を構築すべきとの考えを示した。これは台湾と中国が交流する際に、「一つの中国は中華民国」を強調する馬政権を牽制し、「私も同じ中華民族」、「大陸の同胞」などと中国人になろうとする台湾人を戒め、「台湾人」として中国人とつきあう重要性を説いたものと言える。


 本日の当ヤブークリニックの主な感染症の傾向です。
1.感染性胃腸炎            2人
2.溶連菌感染症            1人
3.マイコプラズマ感染症様       4人

 だいたい以上のような感じだったとおもいます。
 この調子では、アキオ氏と同じように法人として納税という最低限の義務も果たせそうに有りません。あ、医療法人は利益を出してはいけないのか?

 ところで台湾は、李登輝氏も警戒しているように、中国共産党に中国国民党の馬さんがウマく丸め込まれ、「経済利益を求めるあまり、『台湾人の魂』まで捨て去られそうな気配が漂っております。
 もちろん日本の政治家たちも政権をとる為に、『日本人の魂』を叩き売りつつありますが・・・。
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ 

つくられた「環境問題」―NHKの環境報道に騙されるな! (WAC BUNKO)つくられた「環境問題」―NHKの環境報道に騙されるな! (WAC BUNKO)
(2009/06)
日下 公人武田 邦彦

商品詳細を見る
中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配
(2008/09/26)
宮崎 正弘

商品詳細を見る


*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。