藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 二階堂のアドバイス 日本の為に何が出来る?BLOGTOP » 時事・社会 » TITLE … 二階堂のアドバイス 日本の為に何が出来る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二階堂のアドバイス 日本の為に何が出来る?


日本(世界)の為に何か出来る事は?

<大和魂さんより>二階堂様、こんばんは。いつも勉強させて頂いておりまして、お世話になっております。心から感謝申し上げます。憂国の日本男児で御座います。

 対外的に脆弱な日本の体制など、本日の記事でもそうですし毎回拝読させて頂いておりまして、大変歯痒い想いばかりが募ります。。日本男児として生を受けたからには、日本(世界)の為、女・子供、困っている者・弱い者の為に何かしたいですし守って生きたいです!

 素人で金もコネも力もありませんが、若い力で日本(世界)の為に、未来の為に、何か出来ることはありませんでしょうか??何かをするにも売国奴やスパイが紛れては堪りませんが。。どうかご教授下さい!お忙しい中に、どうぞ宜しくお願い致します。どうぞお体ご自愛下さい。応援しております。

(コメント)「では、一人一殺の精神で・・・」なんていうと警視庁が喜んで逮捕しに来ちゃいますので、それはいいません。まず、大和魂さんが高校生以下の場合ですが、これはとりあえず東大法学部に受かって警察か財務省キャリアになってください。検事でもいいです。そのなかでは、自分が右だということは言わないこと。右でも左でも、当たらず遠からず、自分の意見は中立というふうに、無難に生きる。そして、ある段階になったら「スリーパー保守官僚」として目覚めるのです。頑張ってください。

 大和魂さんが20-30歳の場合:まずは結婚ですね。人並みの女子供も幸せに出来ないようでは、日本を守る事なんて出来ません。まずは、身の回りをきっちり固めましょう。

 大和魂さんが31-50歳の場合:その年になって自分で物事を考えられないようでは、だめです。自分の生活を精一杯やって、人並みの生活を心がけてください。

 大和魂さんが50歳以上の場合:なぜ保守がいいのか、伝えましょう。集会を開くも良し、駅に立って訴えるも良し。なぁに、1年もやっていれば、市議会くらいは割と楽に当選しますよ。(国会議員の選挙よりは楽、という意味)

 ・・・とまぁ、好き勝手にモノ申しました。結局、出来ることは何か、自分で考えるしかないんですね。かくいう私は運命によりこんなサイトをやって偉そうにしています。でも、自分に出来ることが何かは、まだわかっていません。人生日々精進です。答えは、自分自身で見つけてください。
以上nikaidou.comより引用


 最近は収入よりも社会貢献したい!という立派な?若者が多く(http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090530/sty0905300806002-n1.htm)、NPO法人に就職・転職する若者が結構いるそうです。
 「金が全て」よりはいいのかもしれませんが、自己満足だけに終わり、結婚や生活する収入も無いとすれば問題でしょう。人間やはり、社会や他人に迷惑を余り掛けないようにして、自分で飯を食えてこそ、初めて社会貢献のスタートラインに立つわけですから。
 そう言えば、大学で教育をしている悪友も、「地域医療から、いきなり世界に貢献」と飛ぶ奴が多くて困る、と嘆いておりました。
 やはり、地域の次は日本が来るでしょう普通は・・・。
 昔の中国人も、「修身斉家治国平天下」とか言って、人生のプライオリティーを付けております。
 
 日本と同じくお人好しの多い台湾でも、こうしたコスモポリタンが増えているようですから、腹黒い中国やアメリカにとっては、それこそ赤子の手を捻るようなものかもしれません。

 それにしても、同郷の二階堂氏も、たまには良いことを言いますね。

人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ


FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ


修身教授録―現代に甦る人間学の要諦 (致知選書)修身教授録―現代に甦る人間学の要諦 (致知選書)
(2001/06)
森 信三

商品詳細を見る

アジアが今あるのは日本のお陰です―スリランカの人々が語る歴史に於ける日本の役割 (シリーズ日本人の誇り)アジアが今あるのは日本のお陰です―スリランカの人々が語る歴史に於ける日本の役割 (シリーズ日本人の誇り)
(2009/04)
桜の花出版編集部

商品詳細を見る


 
 
 

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。