藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … メルマガ「台湾の声」より転載 【NHK】謀略電波『中共デビュー』 中條高徳氏も泣いているBLOGTOP » 日台共栄 » TITLE … メルマガ「台湾の声」より転載 【NHK】謀略電波『中共デビュー』 中條高徳氏も泣いている

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルマガ「台湾の声」より転載 【NHK】謀略電波『中共デビュー』 中條高徳氏も泣いている


【NHK】謀略電波『中共デビュー』…アジアの“三等TV局”

**********************************************
NHK解体運動に是非参加を!
その第一歩となる「自由契約」法改正署名運動に協力を!
知人達にも協力要請を!

http://www.shomei.tv/project-1096.html

         「台湾の声」編集部

*******************************************************
ブログ「東アジア黙示録」より
ブログでは関連写真・資料多数↓
http://dogma.at.webry.info/200905/article_1.html

巨費が投じられたNHKの暗黒プログラムが始動した。驚愕の反日番組『JAPANデビュー アジアの“一等国”』…その真の制作統括者とは?これは捏造歪曲・偏向を越えた壮大な電波ジャック事件だ。

NHK会長・福地茂雄は今、蒼ざめているのか、それともほくそ笑んでいるのか?

平成19年12月、新たな会長を選出するNHK経営委員会は前代未聞の大混乱に陥る。

委員の女性2人がNHK放送センターで緊急会見を開催し、経営委員長の古森重隆氏を「独断的だ」と痛烈に批判し、委員会の内紛が表面化。異例の展開である。

これは会見の約1週間前に古森委員長が、新会長を外部から登用する方針を打ち出したことに対する反旗だった。

そして、19年の暮れも押し迫った12月25日。NHK経営委はアサヒビールの福地茂雄相談役を新会長として選出。反対に回ったのは、会見を強行した2人の女性委員のみで、他の10人は賛成にまわった。

また、この選出過程も不可解な展開を見せる。一部経営委員が兼任するNHK指名委員会が選んだ候補者は2人。

福地茂雄(アサヒビール相談役)
藤原作弥(元時事通信解説委員長、日銀副総裁)

ところが選出会議の休憩中に、藤原氏が毎日新聞の非常勤監査役を務めている事実が判明。放送法第27条第5項に抵触することから候補者は福地茂雄1人に絞られてしまう。

指名委員会推挙の時点で、候補者の詳しい経歴が判らなかったとは考えにくい。出来レースの匂いがする…

ちなみに反旗を翻した女性委員の1人・菅原明子マイナスイオン研究家は1ヵ月後の巨額の所得隠しが発覚し、NHK経営委員を辞任。HNKは「過去の委員紹介」欄から見事に抹殺している…

菅原摘発に国税が動いたのが単なる偶然だったのか否かは別問題としても、福地茂雄NHK会長は、内外の暗闘の末に就任した気配が濃厚なのである。

そして、福地がアサヒビールのトップだった時にシナで起きた反日騒動…それが今回の反日大作『JAPANデビュー アジアの“一等国”』に、どのような影を落としているのか?

【中共隷属を選んだアサヒビール】

2005年春、シナ各地で中共が主導した「反日の嵐」が吹き荒れた。上海で起きた官製デモ&騒乱は記憶に新しいだろう。この時、アサヒビールも槍玉に挙げられ、シナ各地の商店から一斉にアサヒビールの商品が撤去される異常事態になった。

中共指導部が編み出した攻撃理由は、アサヒビールの名誉顧問・中條高徳さん(陸士60期)が「新しい歴史教科書をつくる会」の賛同者で、靖国神社に触れたエッセイを過去に発表していたことだった。

小泉政権時代、中共は「靖国」と聞くと何でも発狂して、組織的に猛攻撃を加えていたものだ…この時、福地茂雄はアサヒビールの代表取締会長の職にあった。つまり、トップである。

アサヒビールは中共に対し、「中條さんの思想は個人的なもので、会社とは一切関係ない」などと弁明して平身低頭。同年3月31日には、一連のシナ側発狂報道を否定する声明を直ちに発表した。

福地茂雄も事態鎮静化に躍起になっていたのは間違いない。

実際に福地がアサヒビール会長として北京詣で繰り返していたかは確認できない。しかし、中朝絡みでは、攻撃を受けた側が完全に屈服し、一転、コントロール下に置かれる事はよくあるケースだ。

福地茂雄が中共指導部と“特殊な関係”になった可能性は充分にある。少なくともアサヒビール本体は反日騒動以後、中共と友好な関係を保ち、つい最近も、青島ビールの第2位株主になったことが伝えられたばかりだ。

余談だが、福地の先代となるアサヒビール社長は、同社最高顧問・瀬戸雄三で現在、日中経済協会副会長を務めている。この協会は財界シナ犬の集まりで、リップサービスも熱心だ。

2005年の官製反日騒動をきっかけに、福地茂雄と中共指導部との間に黒いパイプが貫通したことは確実と言える。大企業のカネが中共独裁政権に流れるだけでも問題だが、シナ側からは別の「何か」が流れ込んで来るから始末に追えない…

では、狂気の反日番組『JAPANデビュー』は、福地茂雄NHK会長キモ入りのプログラムだったのか?

【実力なき外部登用のNHK会長】

「あの番組はいいところも随分言っていると思った」「一方的とは感じなかった。文献や証言に基づいている」

5月14日の会見で福地茂雄は「内容に問題なし」と発言した。NHK会長として当該番組を評価し、制作サイドを完全擁護する姿勢をあらわにしたのだ。もう、後には引けない状況になった。

かつて、福地茂雄がNHK会長に就任した際、『日刊ゲンダイ』が、福地とNHK経営委員会の古森重隆委員長が、安倍元首相・与謝野財務相を囲む財界人の集まり「四季の会」のメンバーであると書き立てた。

これをソースに売国系ブロガーなどは「NHKが安倍派にジャックされた」と騒いだが、ならば今回の巨大犯罪を、どう論理的に説明するのか?

財界人は与野党の大物政治家に擦り寄るのが常なのだ。我が国では、血盟団事件の前から財界は腐りきっていて、気骨のある財界人など片手で数えられる程しかいない。

福地茂雄がアサヒビール会長時代に直面したシナ側の波状攻撃、そして現在のアサヒビールと中共の良好過ぎる関係…そうしたストーリーを繋ぎ合わせると、福地茂雄NHK会長こそが『JAPANデビュー アジアの“一等国”』の影のプロデューサーに見えてくる。

だが、それ程、単純な仕掛けではない。福地茂雄は冒頭に詳述したHNK会長就任時の混乱からも窺い知ることができるように、生え抜きではなく、外部からの招かれた「歴代で最も実力なき会長」なのだ。

微力の新会長が、番組の企画を自ら練り上げ、制作を総括し、波に乗せることは不可能である。その一方で、制作サイドの言いなりになって、完成した番組を黙認するには最適の人物と言える。

では、主犯格はいったい誰なのか?

【大型反日プロジェクトの始動】

『JAPANデビュー アジアの“一等国”』の制作責任者は、河野伸洋・田辺雅泰。ディレクターは、濱崎憲一・島田雄介。この中でも核となって番組制作に携わっていたのが、河野と濱崎と見られている。

濱崎憲一は台湾国での現場取材で中心的役割を担い、河野伸洋は4月14日付けの「日本李登輝友の会」への回答で会長に代わって回答を寄せた。多くの有志が指摘しているように「売国三羽ガラス」は、福地・河野・濱崎である。

現時点で、この3人組を徹底糾弾することは全く正しい。そこに一点の誤りもなく、まず実名が判明している者から集中砲火を浴びせる必要がある。だが、それはファースト・ステップに過ぎない。

この『JAPANデビュー』は、NHKの代々木系職員が企画を挙げて、枠をもぎ取った程度のシロモノではないのである。繰り返すが、仕掛けは、巧妙かつ大掛かりだ。

「NHKでは、この4月から3年間にわたる企画として『プロジェクトJAPAN』をスタートさせました」(河野伸洋)

そう河野伸洋が語るように『JAPANデビュー』はNHKが取り組んでいる『プロジェクトJAPAN』という超大型企画である。中小企業の経営者が聞いたら卒倒するような巨額の費用が投じられている。

企画を上げてゴーサインが出たのは、放映に先立つこと3年以上前からと想定する。硬直した官僚組織そのものであるNHKは、酒席の勢いで新番組を発進させるような民放のノリとはまったく違う。

つまり福地茂雄会長が就任する前の橋本前会長時代から、プロジェクトが進んでいたのは明らかだ。PRで表記される「4月始動」という文句も視聴者だましのトリックで、放映開始が今年の4月だっただけである。

実際にプロジェクトが始動したのは、恐らく4年くらい前だ。その間に、様々な指導を受けていたと考えられる。誰が指導したのか?

冒頭から言外に語って来たが、中共である。

【皆様の受信料で中共謀略宣伝】

特に『『JAPANデビュー アジアの“一等国”』は、NHKの極左グループが、中共に擦り寄って「おあつらえ向き」の親中共・反日番組を作ってみました…というレベルを遥かに凌いでいることは、日台関係に詳しい方でなくても容易に判っただろう。

NHKお得意の「反日」のみならず、台独派をも返す刀で斬りつけ、完全な日台離反を意図しているのは、明らか。河野伸洋は「日台の真の絆を見出したい」などと口走っているが、真の目的は、すでに確固として存在する親日的な台湾国民と日本人の絆をバッサリ断ち切ることだ。

揺るぎない日台間の絆を断絶し、そして馬政権誕生で追い詰められている台独派の諸氏をも真正面から攻撃。これは中共の意図するところと完全に一致する。偶然などではない。

影のプロデューサーは、中共指導部。詳しく言えば中共宣伝部、或はその上部機関である中共精神文明建設指導委員会だ。

『JAPANデビュー アジアの“一等国”』は、北鮮工作員と反日ファシストがタッグを組んだ例の「ETV2001~問われる戦時性暴力」とも性質が異なる…

北京の独裁凶悪政権が、わが国の国営放送のゴールデン枠をジャックしたのだ。しかも、番組の制作費は、善良なる日本国民の受信料と血税である。なんという異常事態であることか。

タイトルとは裏腹に、問題の反日大作は、NHKにおける『中共デビュー』に他ならないのだ。奴らの宣戦布告…大胆不敵な本土上陸である。

謀略電波の垂れ流しに成功して高笑いしている連中を、このまま黙って見逃すことは決して出来ない。

可能な限りの手段を使って、徹底抗戦する。

     〆

最後まで読んで頂き有り難うございます。

*********************************************


人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ


FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

中国核実験で19万人急死、被害は129万人に 札幌医科大教授が推計

おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状 (小学館文庫)おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状 (小学館文庫)
(2002/08)
中条 高徳

商品詳細を見る
だから日本人よ、靖国へ行こうだから日本人よ、靖国へ行こう
(2006/04)
小野田 寛郎中條 高徳

商品詳細を見る

誇れる国 (WAC BUNKO)誇れる国 (WAC BUNKO)
(2008/06)
中條 高徳

商品詳細を見る

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。