藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 茶道・華道を通しての日台交流BLOGTOP » 日台共栄 » TITLE … 茶道・華道を通しての日台交流

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶道・華道を通しての日台交流

090521b.jpg

お手前で日台交流 友好都市の高校生来日 日光
(5月20日 05:00)

 【日光】今年一月に友好都市協定を結んだ台湾・台南市の高校生らが十九日、日光明峰高を訪れ、両市の生徒らが茶華道などを通して交流を深めた。

 訪問したのは、台南市立南寧高など三校の生徒二十八人とその関係者。高校生らの交流は、日光市に県日台親善協会事務局があるのが縁で、二年前から続いている。

 台湾からの来客を迎えた明峰高では茶道部員らの生徒たちが、茶道や華道を披露した。

 「礼儀作法が分からず少し戸惑ったが、貴重な体験ができた」と生徒のお点前で茶道を体験した陳佳儀さん(17)。一方、茶道部の横田知亜紀さん(16)は「国が違っても、こうして接してみると同じ高校生というのが印象。これからも友好関係を続けたい」と笑顔を見せた。

 十八日には斎藤文夫市長らも表敬訪問した。一行は二十日に都内に移動した後、帰国する。


以上下野新聞「SOON」より引用


 文化や民間交流では日台の絆はいまだ固いのであるが、経済では「台湾は従来の日米を重視した貿易の三角関係から、米中台の三角関係に変化を遂げている」とも言われる。
 また政治・安全保障の面でも、現在台湾は中国国民党が政権を取っていることに加えて、長期にわたる日本の弱腰外交が日台乖離の危機を招いている。
 日台関係が迎えている大きな転換期が、どの様な形に変化していくかは、我々草莽の今後の行動に掛かっていると言えよう。

人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ 

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。