藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 新年の挨拶と今晩の料理BLOGTOP » 雑感 » TITLE … 新年の挨拶と今晩の料理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年の挨拶と今晩の料理

090103c.jpg
 2009年明けましておめでとうございます。皆様はどのような初春を迎えられたでしょうか?
ヤブーは予てからご報告していたとおり、年末から意気消沈した状態が続いておりますが、そろそろ正月も3日を過ぎ生活の苦労を再開せねばならないので、重い腰を上げて鈍牛にも角があるふりをするために、身をもって牛になってみたりしております。

 大学の同窓会の会報など滅多に見ないのですが、ごろごろしながら読んでおりますと、「丑年」の由来について書いてありました。
 それによると「丑」は「曲がる」「ねじる」を意味し、芽が出掛かっているが、まだ曲がっていて地上に出ていない状態、延びきれずにいる状態を表すものだそうです。

 私の場合、毎年「根性が捻じ曲がり、体力が伸びきった状態」なのですが、丑年の今年位は大先輩のアドバイスに従い、「日の光を浴びていない芽」を探す謎解きの一年にしてみようかとも思います。

 日本の政治の捩れ具合や、昨年も暴落したウォール街のシンボルが「雄牛」であること等をこじつけると、危機の年2008年に続く「丑年」の今年も、引き続き寒く「日の目が出ない」のは明らかではありましょうが、何かしら微かな希望の「芽」の一つぐらいは見つかるかもしれません。

 090103b.jpg
 しばれる今夜は、昨年の11月21日に90歳で身罷った叔父の家から年末に頂いた紅鮭の残った頭で、三瓶汁を作ってみました。

 一難と太太と三人で、「葱が生だ」と文句を言われながら食べる一杯の汁にも、ほのかな幸せはあるのかもしれません。
  人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。