藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 昨日の感染症の傾向BLOGTOP » 感染症 » TITLE … 昨日の感染症の傾向

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の感染症の傾向

20081108171105

 昨日の当ヤブークリニックの主な感染症の傾向です。
1.感染性胃腸炎                 2人
2.溶連菌感染症                 3人
3.水痘                       1人
4.マイコプラズマ感染症             2人

 だいたい以上のような感じだったと思います。
 まあ、何時もと余り変わりばえしないようです。

 最初感動した「モツ鍋」も、2週間で4回も食べるとさすがに飽きがきます。痛風にもなるかもしれません。やはり色々な物を食べることが必要です。


 それにしても日本は色々な考えを抱き、それを自由に表現できる有難い国です。
 田母神元幕僚長の言うように、古い歴史と優れた伝統を持ち、先人たちの辛苦と犠牲の上に成り立っている、本当に素晴らしい国です。

 日本では、政治的決定権を持たない制服組が様々な宗教を信じ、様々な思想を抱いて自由に意見を述べることが出来ます。

 日本では、中国や韓国のように「自分と同じ思想でなければ、再教育しなければならない」という極論でさえ、「政治的決定権」を有する政治家が平気で述べることも出来ます。

 もしこれが中国のような一党独裁政権の国であったり、共産主義や特定の宗教などの「理想主義国家」だったりしたらどうなるでしょう。

 政府や権力者に反対するような意見を、マスコミや個人が自由に表現できない悲惨な状況を想像すると背筋が寒くなります。

 万一、自分に合わない意見を述べただけで「再教育するぞ」と言ったり、中国や韓国側の政治的歴史観以外は認めないような狭量な政党の政府が本当に出来たならば、その政権と異なる思想や意見は口にすら出せなくなるでしょう。まさに中国のような国になります。

 現在、兄弟の国「台湾」で起こっていることは、私たちの近未来の出来事かもしれません。

 色々な物を食べ、色々なことを考え、色々なことを表現出来る「自由と権利」、そしてそれを支える「責任と義務」がある素晴らしい国柄を、日本と台湾がお互いに協力して守りたいと思います。

 民主日本和民主台灣不能亡!! 
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。