藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … メルマガ「台湾の声」より転載 台湾は中国の一部ではない!!【台湾人の怒り】BLOGTOP » 日台共栄 » TITLE … メルマガ「台湾の声」より転載 台湾は中国の一部ではない!!【台湾人の怒り】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルマガ「台湾の声」より転載 台湾は中国の一部ではない!!【台湾人の怒り】


【帰れコールやまぬ】中国海峡両岸関係協会張銘清副会長の台湾訪問

08.10.22


             「台湾の声」

 中華人民共和国(中国)の対台湾窓口機関である海峡両岸関係協会の張銘清副会長が10月19日から厦門(アモイ)大学伝播学院院長の肩書きで学術交流を目的に台湾の台南を訪れた。

 張銘清氏は10月20日に台南芸術大学で開かれた台中両岸のメディアに関する学術シンポジウムに出席した際、同シンポジウムに参加した学生らから「台湾は中国の一部ではない」と抗議を受けたほか、翌21日に、台南市内の孔子廟を見学中、王定宇・台南市議(民主進歩党)ら抗議の民衆に囲まれ、張氏は倒れるなどして軽いけがを負った。

 張銘清氏は中国国務院台湾事務弁公室報道官を務めていたときに、「台湾問題の早期解決、祖国の完全統一の実現は、中華民族の子孫に共通する願いだ」(2002年11月)や、「台湾海峡に戦争の勃発する可能性については、陳水扁氏の態度しだいだ」(2004年5月)など、台湾に対して挑発的な発言を繰り返していたことから、台湾では張氏の来台を歓迎しないムードが広がっていたが、張氏にけがを負わせた抗議参加者らに対しては批判も強まっている。

 張氏は予定を繰り上げて22日午前に高雄国際空港から台湾を出国し、中国へ帰国する。今月末か来月初めには陳雲林・海峡両岸関係協会会長の台湾訪問が予定されており、張氏は「今回の(少数の暴力分子による)暴力事件によって良好な両岸関係が損なわれることはない」としている。  

『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html



 【台湾人の怒り】何故そこまで強く抗議したのか(追記に続く)
 人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

【台湾人の怒り】何故そこまで強く抗議したのか

<台湾を憂う友の會>より転載


http://www.emaga.com/info/taiwanjp.html <台湾を憂う友の會購読案内>

中国海協会張銘清副会長が台南で抗議をうけたことについて。

先日本のニュースサイトをちょこっと見たら、このニュースに関する記事は産経の1社しか取り上げていないようなので、ここで日本の皆さんにこの事件の経緯について説明します。

まずは、なぜこの張銘清副会長が台湾でこれだけ激しい抗議を受けたのかについて。

この張銘清副会長は、中国の海峽兩岸関係協会の副会長で、今回は別の肩書き(廈門大学新聞伝播学院院長)で台湾を訪問していました。海峡兩岸関係協会は中国の実質上の対台湾の窓口機関で、この協会の人間も何かあるたびに、台湾独立は万悪の源だとか、台湾独立は中華民族同士の感情を引き裂ける最大の敵だとか、平気で台湾人に対して、恐喝まがいのことをよく言っていました。
この日の朝も、この張銘清副会長がマスコミの質問に対し、いつもの傲慢の口調でこう答えた。

「台湾独立を主張しなければ、戦争は永遠に起きない」

ちょっと待ってよ。
中国でならわかるが、ここは台湾ですよ。
自分の家まで上がってこられて、なおかつ言いたい放題言われたら、誰だってぶっちきれますよ。

でも、そこはさすがに平和を愛する台湾人だね。台南の市民が取った行動は張銘清副会長に対して毒粉ミルクをぶちまけたのでもなく、直接足でけったり、拳でぶん殴ったりしたわけでもない。
ただ張銘清副会長に面等向かって大声で「毒粉ミルクのことで謝れ!」「台湾は中国のものではない!」「台湾独立!」などを叫んで、抗議しただけでした。

それを見た張銘清副会長は、最初はニヤニヤしていて、あまり気にはしていなかった様子だったが、
あとから市民が続々と集まってきたのを見て、こりゃやばいと思って外に逃げようとしたところ、
彼の行き先を阻んだ市民とぶつかって、結局自分で足つまづいて、地面にお尻を強打した。

たっだこれだけのことです。

たっだこれだけのことなのに、台湾の80%を占める統媒(親中派マスコミ)は中国の怒りを買うのを恐れているかのように、これを「民進党の暴力」、「中国との平和関係を破壊した」と、自分のニュース
チャンネルで競って激しく批判を繰り広げているようです。

いつものことながら、こういう時は特に台湾人である自分が哀れに思えてきます


1千枚以上ものミサイルを自分のところに向けている中国に対して、毒粉ミルクをどんどん台湾に輸入している中国に対して、台湾人は抗議する権利すらないのか。
景気回復対策を期待され、台湾人によって選ばれた馬英九政権が、就任後まず第一にやったことは景気回復を図る政策を立てることではなく、自分の父親の夢でもある中国と台湾の統一を目標に、中国に友好的な態度を見せたいがために、どんなことが起きようとも、台湾人の利益よりも、真っ先に中国の利益を考え、どう処理したら、中国に満足してもらえるのか、喜んでもらえるのか、台湾をできるだけ中国に近づかせようとしているのに、台湾人は抗議する権利すらないのか。
これを哀れと言わずに何と言ったら良いのでしょうか。


日本の皆さん、どう思いますか?


----------------------------------------------------------------------

台湾の方のブログの声です

ここにも台湾の人が心から訴えています。

本当に台湾はこのままでいいのでしょうか、、、、

私も台湾の現状を見るたび、聞くたびに心が引き裂かれそうです。。

台湾を応援していただいている日本人も数多く居ますが・・・・・

その方たちにお願いします。

この台湾の人の声を聞いてもまだ自己中心的な台湾応援をするのでしょうか。

日本には台湾を応援している方々、団体が数多くあります

その方々にお聞きしたい

真の目的、最終目的は何なのかと

良く台湾に居てる人や台湾に近い人は違うと言われます

私にはわかりません・・;

長工=私利私欲を捨て尽すこと

私はいつもこの言葉をかみしめながら台湾独立・建国運動を応援しようと思って
います。

おかしいですか?

古いですか?

向こう側に何かメリットが必要なのでしょうか?

いえいえ、台湾を応援して居られる人たちはそんな物の為に応援している人は居
ないと信じます。

だからこそ心を合わせ、みんなで進めたい。

台湾では今本当に白色テロの入り口にさしかかっています。

台湾の人の叫びが、心の叫びがあなたの胸に突き刺さるなら・・・・・

                              柯 宏龍
『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html


*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。