藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 日台の恋と等身大の愛すべき台湾を描いた「海角七号」BLOGTOP » 日台共栄 » TITLE … 日台の恋と等身大の愛すべき台湾を描いた「海角七号」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日台の恋と等身大の愛すべき台湾を描いた「海角七号」




2008年/台湾/日本公開未定 魏徳聖(サミュエル・ウェイ)監督
台湾南部の海辺の町、恒春(ヘンチュン)。ミュージシャンになる夢に破れ、10年間過ごした台北から故郷に戻ってきた阿嘉(アカ)は、郵便配達の仕事を始めた。そんな中、浜辺で開催される有名日本人歌手・中孝介のコンサートの前座バンドを住民たちで結成するというプランが持ち上がる。仕事で滞在していた日本人モデルの友子がバンドの取りまとめ役を任され、阿嘉を含めた6人の即席バンドの練習がスタートした。

ある日、阿嘉は「海角七号」という今はない住所に宛てた日本からの小包を見つける。中には、終戦直後に台湾を離れた日本人教師(中孝介2役)が台湾の女性に宛てて書いたラブレターが入っていた。この手紙をきっかけに、始めは反発しあっていた阿嘉と友子は深い絆で結ばれていく。

(サーチナ・中国情報局)


 台湾人の友人から薦められた歌と映画です。
 現在台湾では「ラスト・コーション(色・戒)」の記録を超えて大ヒット中で、この映画を観ることが一種の国民運動にさえなっているという噂も聞きます。

 台湾を中心に活躍している「田中千絵」という日本人が主演女優を演じ、日本人歌手の中孝介らも出演しています。

 芸能関係には疎くて知らなかったのですが、9月に行われた「アジア海洋映画祭イン幕張」では見事グランプリを受賞しました。

 台湾と日本は切っても切れない不思議な因縁に結ばれた国ですが、ネットで調べた情報では、特に台湾人でなければ描けない「時代」と「人間の悲喜劇」が織り込まれた作品のようです。

 この映画を通じて、日本と台湾の若い世代がお互いの国と国民の関係を深く知り、互いに「価値観や文化」を理解しうる存在であることを感じて欲しいと思う。

 日本での公開が待ち遠しいことです。

人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

トオサンの桜 散りゆく台湾の中の日本トオサンの桜 散りゆく台湾の中の日本
(2007/01/30)
平野 久美子

商品詳細を見る
日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)
(2003/12)
楊 素秋

商品詳細を見る


*** COMMENT ***

先生映画のご紹介有難うございます。
早く見てみたいです。
 

>>どら様
イエイエ、恥ずかしながら私もつい最近知ったばかりの付け焼刃です。
ネットの情報では、「非情城市」の侯孝賢監督も絶賛しているそうです。
この様な映画を共感できるのは、日本と台湾なればこそだと思いますね。(誇りある台湾精神万歳!)
辛く悲惨な部分も多かった両国の歴史ですが、決して無意味ではなかったと信じたいものです。
日本公開は未定のようですが、わたしも早く観てみたい!!

我自己都還沒有看i-230
但是最近"海角七號"真的很熱門

>>かずみ様
謝謝貴女的介紹。我等得着急日本公開

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。