藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

03月« 2008年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2008年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の感染症

080430a.jpg

 本日の当ヤブークリニックの主な感染症の傾向です。
1.感染性胃腸炎             3人
2.溶連菌感染症             3人

 だいたい以上のような感じだったと思います。

 相変わらず溶連菌は少々多い印象です。
 
 本日は大変暑くなり、すでに夏ばて状態に入っております。
 暑さ寒さも此岸での出来事で、彼岸に渡れば無いわけですが・・・。

 
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ  

 
スポンサーサイト

台湾をWHO加盟へ



英国の議員が台湾のWHO加盟のため声を上げる発信日時:2008/4/22
英国の議員が台湾のWHO加盟のため声を上げる
 
4月21日、英国で学ぶ留学生や同国に居住している台湾各界の有志が中心となり、ハイドパークにおいて、台湾の世界保健機関(WHO)加盟推進の応援活動を開催した。当日の応援活動でとりわけ多くの人々からの注目を集めたのは、英国議会のフォークナー上院議員が参加したことだった。

この応援活動は、「民主主義で台湾を語る」と題して開催され、集会の場には、「台湾のWHO加盟支持」の横断幕、中華民国の国旗、ポスター、色とりどりの風船がセットされると共に、英国各界の人々に、台湾のWHO加盟支持を呼びかけるビラが配られた。この集会には、張小月・中華民国駐英代表、牟華瑋・副代表も参加した。

現在、台英国会議員連盟の共同議長であり、台湾のWHO等の国際組織加盟支持に尽力しているフォークナー議員は、「台湾はもっと早期にWHOの加盟国となるべきであった。台湾のWHO加盟を拒否し、この組織に入れないのは恥ずべきことである。私は台湾がWHOに加盟できるまで、引き続き台湾のために声を上げていく」と訴えた。  

さらに「『一つの中国』政策はすでに時宜に合わないものであり、台湾は1972年より、国内の政治、経済情勢は何度も変遷を重ね、3月には総統選挙も行われ、その投票率は77%だった。さらにその選挙の過程は公開され、平和的であるのみならず、開票結果も有効的なものであった。このように民主主義が発展した国家は国連等の国際的な組織に加盟するのは当然である」との見解を示した。

同議員は続けて、「疾病に国境はない。新型インフルエンザといった致命的な伝染病が発生した時、世界各国が協力して対処しなければならないが、台湾がWHO加盟を拒否され、組織の外に置かれていることは、その他の国家に対しても影響を及ぼすことになるであろう」と強調した。
 
また、台湾のWHO加盟推進準備委員会の主任委員であり、欧州台湾医学連盟の事務局長でもある李弘耀・医師は、「WHOは長期にわたり台湾をその組織の外に置いてきた。これはこの組織が、性別、民族、国籍に関わりなく、世界の公民としての健康を守るという主旨に背くものであるのみならず、2,300万人の台湾の国民に当然あるべき基本的人権を軽視するものでもある」と指摘した。

 李・医師はさらに「台湾は医学が進んでおり、人材も豊富であり、勢いよく発展している民主主義の国家である。台湾は、世界各国と共同で協力していく能力も意思もある。台湾は世界の公衆衛生の防疫ネットワークに加盟すべきであり、そうしてこそ、蚊帳の外に置かれることがなくなり、医療通報システムの遅延・誤りが発生して罹災患者が手遅れになるというような悲劇も回避することができるのである」と強調した。
 
《2008年4月22日》


以上台湾週報より引用


 最近十和田湖の白鳥からも鳥インフルエンザH5N1が発見されましたが、これはインドネシアや中国などを中心に猛威をふるい、人に感染しやすい新型インフルエンザへの変異が懸念されている“強敵”です。古来危険なウイルスが大陸から飛来している可能性があります。
 現在まで中国共産党に妨害され続けておりますが、民主的で情報開示も確かな台湾もWHOに加盟してもらわないと、多くの日本人の生命が失われ経済も破綻する可能性がより高まります。
 日本自身の国益のためにもぜひWHO加盟を支持すべきでしょう。


人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ  

本来の「愛国心」取り戻せ 老台北からのメッセージ

20080429172844





台湾の蔡焜燦です。台湾人からみて、いまの日本人は幸福の中にいて幸福を知らないのではないか、と感じる。日本と日本人は好きだが、これは困った問題。「君が代」を歌っただけで、「愛国心」と言っただけで「あいつは右翼だ」と言われかねない時代の雰囲気が戦後続いている。

 日本とは異なり、台湾は歴史上、ずっと外来政権に支配され、自分たちの「国」をもてずにいる。いまも中国大陸と(政治的立場の論争で)戦っている(不安定な状態)といっていい。ただ、台湾人には「恨み」の文化がない。われわれ日本時代の教育を受けた世代は、子供のころ日本人として受けた教育が宝だ。

                  ◇   ◇

 「三種の神器」を言えますか? 「テレビ、冷蔵庫、洗濯機」じゃありませんよ。「八咫鏡(やたのかがみ)」「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」「八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)」だ。

 故郷の台中州、清水(きよみず)公学校(台湾子弟のための小学校)には当時の日本の版図のどこにもなかった校内有線放送設備や16ミリ映画の映写設備があり、「総合教育読本」を使って目と耳で幅広い教育を受けた。いまから70年以上も前のことだ。

 神話や歴史物語は(科学的でない部分も含め)古くからの日本人の考え方を今に伝えてくれる。自分の国の歴史を知ることが誇りを生む。堂々と胸を張って、自分は日本人だといえることが大切だ。

 現代の日本人にも読んでもらいたいと考えて、私は清水公学校の「総合教育読本」の復刻版を(自費で)作って数多く配布(すでに終了)したが、このところ少しずつ、日本の若者にも歯ごたえが出てきた。日台間の懸け橋になれる人が育ち始めたようだ。

                 ◇   ◇

 台湾の戦後教育は中国大陸から渡ってきた蒋介石政権が行った中国人主体のもの。

 反日教育を受けた私の息子の場合も、親父(蔡氏)の日本に対する言葉を快く聞いてくれなかった。だが1999年9月21日に起きた台湾中部のマグニチュード7・6の大地震の時、その日のうちに世界で一番乗りに駆けつけて不眠不休で救援活動に当たったのが日本の救援隊だった。その姿をみて息子は初めて「日本人を見直した。親父の言う通りだ」と話してくれた。

 蒋介石政権時代の台湾人への恐怖の弾圧で、われわれは中国人の考え方や手の内を思い知らされた。いまチベットで起きている僧侶や住民への弾圧は、戦後の台湾で起きた住民弾圧とそっくりだ。当時の台湾には国際的なメディアもなく、海外の人々にはほとんど知られることがなかっただけ。中国人は歴史を繰り返す。しかも4000年だ。

                ◇   ◇

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件が起きたとき、福田康夫首相は「(中国の対応は)非常に前向きだ」と言ったが、私にはとても考えられない一言だった。国を守るために、かくもお人好しでいいのか。結局、中国はすべて相手の責任にしようとしている。中国人に「反省しろ」「謝れ」ということは、彼らにすれば「死ね」と言われるに等しい。

 そこを理解した上で、日本人は中国に相対していかねばならない。そこで鍵を握るのは「愛国心」だ。自分の国を愛してこそ、隣の国も愛せるだろう。お人好しだけでは論外だが、恨みや怒りだけでも解決できない。(同じ価値観を共有する)日本と台湾が関係を築き直していく(と解決策も探せる)。福田首相や民主党の小沢一郎氏らに何を求めるか。何も求められまい。若い世代に託す以外にない。

 私は戦前、台湾総督府で民政長官を務めた後藤新平の言動を信条としている。すなわち「カネを残す人生は下。事業を残す人生は中。人を残す人生こそが上」だ。一人でも多くの日台の若者に、本当の意味の「愛国心」を取り戻してもらうのが生涯の夢だ。

【プロフィル】蔡焜燦さい・こんさん 

日本統治時代の台湾で台中州立彰化商業高校卒。志願していた岐阜陸軍航空整備学校奈良教育隊に1945年1月配属。そこで終戦を迎え翌年台湾に。体育教師を振り出しに航空貨物取り扱い業やウナギの養殖事業などで苦労し、IT(情報技術)ビジネスで成功。

産経新聞の吉田信行・台北支局長(当時)の紹介で、93年から翌年にかけて3回にわたって台湾への取材旅行に訪れた司馬遼太郎夫妻の案内役も務めた。

81歳。台中州清水(きよみず)生まれ。
http://www.business-i.jp/news/china-page/news/200804190039a.nwc
『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

以上「台湾の声」より引用



人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ   

台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい (小学館文庫)台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい (小学館文庫)
(2001/08)
蔡 焜燦

商品詳細を見る
日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)
(2003/12)
楊 素秋

商品詳細を見る
愛する日本の孫たちへ (かつて日本人だった台湾日本語族の証言集 1)愛する日本の孫たちへ (かつて日本人だった台湾日本語族の証言集 1)
(2007/04)
猪股 るー

商品詳細を見る

慶賀昭和の日

hinomaru2_20071223185253.gif





 今日は昭和天皇の誕生日であり、第2回目の「昭和の日」です。まことにおめでとうございます。
 
 一国を滅ぼすためには『その国の歴史と国語を奪えばよい』などと言われますが、昭和天皇が崩御された後、いったん「みどりの日」などというコスモポリタン風の名前をつけられてしまいました。
 しかし激動の昭和の時代とありがたくも畏るべき先帝陛下を偲び、その困難を忘れることが無いように、国民運動の甲斐もあって昨年から正しい名前にすることができたわけです。

 歴史的に略奪や植民地支配、人種差別、奴隷制度、原住民虐殺、ジェノサイドを繰り返してきた西欧列強や、いまだに太古の時代にありそれを続けている共産党中国に比べれば、宇宙から観てわが国の歴史がどんなにか誇るべきものかわかるでしょう。

 このたびの中国共産党の自画自賛道中業火珍道中や福田総理のお陰で、ようやく一般の日本国民もアメリカが押し付け、中国が更に捏造した歴史観がまったくの「嘘」であるということが分かってきました。
 
 たしかにやり過ぎや間違いもあったでしょうが、わたしたちの父祖たちは与えらた条件の中で、「昭和」という困難な時代を確かに生き延びて「平成」に繋げてくれました。それもすくなくとも欧米諸国や中国に比べれば、はるかにルールを守り人道的であろうとした、このことだけでも誇ってよいことでしょう。

 わたしたちの子孫が「平成の日」を誇れるかどうか、それはまず今日の「昭和の日」の意味を一人ひとりの日本人が考えることから始まると思います。

 英霊来世公式HP
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ  

エリートの反逆は続く



聖火リレー 混乱なくよかった

4月27日 11時44分
高村外務大臣は記者団に対し、26日長野市で行われた北京オリンピックの聖火リレーについて、大きな混乱はなかったと評価したうえで、来月の日中首脳会談では、両国が共通の利益を拡大する「戦略的互恵関係」にあることを内外にアピールしたいという考えを示しました。

この中で、高村外務大臣は、長野市での聖火リレーについて「もっと平穏に行われたらよかったというのはもちろんだが、逮捕者の中に中国人やチベット人は1人もおらず、双方とも暴力はいけないということは徹底していた。警察がきわめてよく警備をしてくれて、たいへんよかった」と述べました。そのうえで高村大臣は、来月7日に日本で行われる福田総理大臣と中国の胡錦涛国家主席との首脳会談について「チベット問題も当然話し合われると思うが、全体的には両国民や国際社会に向け、両国が戦略的互恵関係にあることを発信することがいちばん大切だ」と述べ、日中首脳会談では両国が共通の利益を拡大する「戦略的互恵関係」をアピールしたいという考えを示しました。


以上NHKニュースより引用
 


 一国を左右する政治家がこれ程軽薄で無責任な言葉を吐き続ける国・時代はないだろう。
 いまだ横山光輝の劇画の世界に生きている世界一の侵略・虐殺主義国家と、地球上の国の中では神や仏のような日本に共通する利益というのはいったい何か教えてもらいたい。そして朝鮮や台湾にインフラを整え教育を普及させた日本と、歴史的に見て侵略するかされるかしかない中国との間に、いかなる「互恵」が可能なのであろう。
 わざわざ落っこちなくてもいいような墓穴を自ら掘る行為に「戦略」などという大それた言葉を使う、中身が藁で出来たような頭脳でよくも外務大臣が務まるものだ。
 中国人に逮捕者が出なかったのは単に警察の職務怠慢であり、チベット人に逮捕者が出なかったというのは知的怠惰のなせる発言である。
 政治家や役人や財界が、これ以上水と油のような日本国民と共産党中華帝国の嘘の友好を無理強いするならば、耐え難きを耐え、しのび難きを忍んでいるおとなしい日本国民にも、やがては我慢の限界が来るかもしれない。

聖火リレー 台北で亡命チベット人の釈放要求デモ


人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ



エリートの反逆―現代民主主義の病いエリートの反逆―現代民主主義の病い
(1997/10)
クリストファー ラッシュ

商品詳細を見る
080428b.jpg

本日の感染症 主権回復記念日

080428a.jpg

 本日の当ヤブークリニックの主な感染症の傾向です。
1.感染性胃腸炎           6人
2.溶連菌感染症           7人
3.マイコプラズマ感染症       6人

 だいたい以上のような感じだったと思います。
 本日は休日明と休日の狭間だったため、少々患者さんも多く、感染症も多い一日でした。

 本日は主権回復記念日です。
 「平和条約発効の日を迎へて 二首」昭和天皇御製(昭和27年)
 風さゆるみ冬は過ぎてまちまちし 八重桜咲く春となりたり
 
 「前同」
 国の春と今こそはなれ霜こほる 冬にたへこし民のちからに


 真の主権回復の日はまだまだ遠いようです。
 
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

【連載】 日本よ、こんな中国とつきあえるか(2)


第一章 台湾人から見た中国及び中国人
    お人好しの日本人に中国人の凄さは理解できない

一、中国人はすべてお金に換算して考える

■ 中国の文学や芸術は権力者のためだけに作られる

 日本人は「和」を大切にする民族である。公の席では他人の悪口を言わないことを美徳としている。また、できるだけ相手の美点を見出そうと努めるのも日本人の特徴である。しかし、こと中国人に関する限り、日本人の見方は往々にして見誤っていることが少なくない。台湾人から見れば、表層的見方が目につく。

 個人と個人の関係においてなら、その美徳はおおいに発揮されてよい。しかし、今の中国はとてつもない影響力を持っている。経済力にしろ政治力にしろ、もはや昔の貧しい中国ではない。しかも、中国は日本に敵対心を露にしている。日本を敵と看做してはばからない。それ故に、日本人は中国及び中国人の本質を知る必要がある。
まず、日本人は「中国四千年の歴史」ということで、例えば万里の長城に象徴されるような建造物を思い浮かべ、素晴らしい文化があるとイメージしている。あるいは、李白や杜甫などの漢詩を思い浮かべることで、中国には偉大な文学があると思い込んでいる節がある。このような建造物や詩の中に中国人の心があるのではないかと思い、中国人を美化して、その本質を見誤らせる傾向がある。

 ところが、中国の文化というのは、一人の権力者のために作られたものであるということを、まず頭に入れておかなければならないのである。

 中国で大家と言われる文学者はほとんどが官僚である。作品は貴族のために、あるいは権力者のために作られるのであり、けっして庶民の心理や社会文化を反映しているものではない。この点が、日本とのもっとも大きな相違点である。中国文化、イコール中国が残した文学や芸術と勘違いしているのが日本人の中には少なくない。

 日本人ははっきりした信仰を持たなくても、命のあるものにはすべて霊が宿っていると考え、それなりの信仰心を持っている。いわば「万の神」の存在があらゆる形で日本人の心に宿っている。それ故、日本文化は命のあるものに対して一定の畏敬の念を抱いているし、自然にも畏敬の念を持って対している。

 日本人はまた、木や花を大切にして、季節の移り変わりを非常に繊細に感じとり、俳句や和歌を生み出したことに見られるように、庶民のレベルにおいてもいろいろな言葉で表現する。日本人は自然に対する愛着を、そしてその変化を生活レベルで表現している。それは、偉大な芸術でもなければ偉大な文学でもなく、またごく一部の人間しか楽しめないものでもない。

 さらに日本の場合は、芸術だけで生きている、作品を作るだけで生きているような芸術家や文学者が存在してきた。もし中国に日本のような芸術家や文学者が存在していたとしても、それはごくわずかでしかない。

 そのような日本人の心性に比べると、中国人は信仰心に欠けるといってよい。中国人には命のあるものに対する畏敬の念や、自然に親しむという概念あるいは心性が欠落しているのである。いかにして自然を利用するか、別の命をどうしたら自分の命のために利用できるかという考え方が非常に強い。

 その点で、中国人は信仰心のない民族と断言してさしつかえない。中国人は現実的、現世的にものごとを捉える民族であって、万物に対する見方考え方には日本人とかなりの違いがある。

 もちろん、中国にも自然を対象とした描写は文学や芸術の中にたくさんある。ただし、日本人が正しく理解していないのは、あのような文学や芸術は権力者のために作られたものであって、けっして一般庶民が楽しむために作られたものではない、ということだ。中国四千年の歴史の中では、庶民とは官僚などの権力者に利用されて虐げられる人々であって、このような作品を楽しむ余裕を与えられてこなかったというのが実情なのである。

 中国の庶民は、野生動物にしろ植物にしろ、命のあるものを見ると、まずなにを思い浮かべるかというと、「これは食べられるのかどうか」「換金すればいくらになるのか」ということだけで、いかにして自分のためになるのかと考えるのである。それしか頭にないのである。

■ しつけや挨拶にも「金がすべて」の思想が現れている

 では、中国人が現実的で現世的であるとはどういうことかというと、中国人にとって価値のあるものは、すべてお金で換算できるものであって、「金がすべて」ということである。例えば、中国人は新年に必ず「恭喜発財(コンシファーツァイ)」と挨拶する。日本人は「新年明けましておめでとうございます」と挨拶するが、中国人は「恭喜発財」、即ち「儲かるように」と挨拶するのが常である。また、中国人が新年に家の門に張り出す「春聯(チュンリェン)」を見ても、よく見かける文句に「招財進宝(ザォツァイチンバォ)」という言葉がある。つまり「財を招いて宝を入れる」という意味で、これはもっとも一般的な春聯の文句である。

 中国人の子供に対する教育では、日本と同じように「よく勉強しなさい」と言う。しかし、その意味は、日本人の親たちが子供に期待しているような「立派な人間になりなさい」とか「社会に役に立つような人間になりなさい」というようなことではなく、中国人の考えでは、勉強しないと「出世できなくなる」「金儲けができなくなる」ということを意味しているのであるまた、子供が出世しお金持ちにならなければ、親が困るからでもある。

 「名利双収(ミンリースワンソウ)」という言葉が中国にはある。ここに中国人の考え方の究極的な概念が端的に表されている。意味は「有名になって金持ちにもなる」ということである。そのためになにが必要かというと、権力が必要だと考えるのである。

 古来から中国では、勉強とは官僚になるためのものであって、科挙(かきょ)制度をみても、勉強して官僚になって権力を手に入れることが最終目的なのである。権力者になれば利益をたくさん得られるし、有名にもなれるという理屈なのである。中国の庶民的な言葉で、学校でもよく教えていることわざに「書中自有黄金屋」「書中自有顔如玉」がある。これは書物の中に黄金の家、即ちたくさんの財産があり、「顔如玉」即ち美人も出てくるということだ。勉強して出世さえすれば、たくさんのお金が入るし、美女をはべらすこともできるという意味だ。

 つまり、勉強する最終目的とは、金が儲かり、美女をはべらすような豪奢な生活を手に入れるため、というものだ。これが中国人の究極的な思想なのである。このように至って現実的なのが、中国人の本質なのである。

 中国人は、人と会うと、初対面の人であっても平気で収入を聞いてくる。まるで挨拶でもするように「あなたは一ヶ月の収入をいくらもらっているのですか」と聞いてくる。これは、中国人が収入をもって人間の価値を判断するという卑近な例だが、このようなところにも「金がすべて」という中華文化の本質がはしなくも表れている。「神は細部に宿る」という。このような挨拶の文化は日本ではまず見られない。

 国家が解体し、経済がすべてとなった感のある日本は「エコノミック・アニマル」と呼ばれた時期があったが、日本人がエコノミック・アニマルならば、中国人はまさに「金の亡者」といってもよいのである。

■ 蒋介石政権が拝金主義を台湾に持ち込んだ

 台湾人は五十年間、日本の影響を受けたせいで、中国人的な面は非常に薄くなっている。だから戦後、中国人が台湾を占領したとき、台湾人にとって慣れないことは「金がすべて」という中国人の文化だった。しかし、中国人による占領が長引くにつれて、台湾には汚職文化や「袖の下」文化が行政にも司法にも蔓延したのだった。

 蒋介石政権下では司法も、大陸から台湾に逃げ込んだ中国人(外省人)に独占され、よく「有銭判生、無銭判死」と言われた。金があれば生きる、金がなければ死ぬ、ということだ。裁判官にお金を包んでいくことができれば死刑になることはない、つまり裁判に勝てるということで、逆に包めなかったら裁判に負けるということを意味する。

 このような中国的なやり方は蒋介石政権が台湾に持ち込んだもので、拝金主義が台湾に広まった原因はこの中国人の文化にあった。もちろん、中国本土に比べれば、台湾の拝金主義はかわいいものだが、拝金主義、金がすべてとする文化、これが中国人の本質なのだ。われわれ戦後世代の台湾人や中国文化に汚染された台湾人なら、よくわかることなのである。

 もちろん日本にも「地獄の沙汰も金次第」ということわざに示されるように、お金がすべてを解決するという考え方がある。しかし、お金で解決できないこともたくさんあると考え、お金に執着心を持たない日本人もまたたくさんいるのである。

■ 国の指導者にも値段をつける中国人

 では、日本の拝金主義と中国の拝金主義はどう違うのかというと、その違いには雲泥の差がある。レベルが違うといってよい。中国の拝金主義は、命の値段を含め、嘘偽りなくすべてを金で換算する。これは日本人の想像を絶している。

 例えば、日本人が中国へ行くと要人に会いたがる人が少なくない。中国の要人と記念写真を撮りたがる人が極めて多い。この仲介をしているのが日中友好協会であるのは周知の事実なのだが、実は要人には相場がある。首相クラスの場合は二百万円とか、その下なら百万円とか相場が設けられているのである。

 中国では一国の指導者に相場がある。あらゆる人物に値段が付けられているのである。しかし、このことを日本人はよく分らないようだが、これが中国の本質なのである。日本人が中国と付き合う場合は、中国が表に出している大義名分や歴史認識、文化だの道徳だの、これらはすべてウソであり、単なるひとつの手段であることを認識すべきなのである。

 中国人の究極的な価値観、欲望を一言でいえば、権力を手に入れて、名声と独占欲を満たすことに尽きる。欲望の塊というなら、それは中国人なのだ。日本人はこの中国人の本質を敢えて見たくないから目をつぶっているのかどうか分らないが、理解できていないように私には見えるのである。しかし、それでは面と向かって中国と競争することもできないし、中国自身がまともに取り合うこともないと断言しておこう。

(次回の連載は2008年5月5日)



『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html




人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ
日本よ、こんな中国とつきあえるか?日本よ、こんな中国とつきあえるか?
(2006/07/01)
林 建良

商品詳細を見る

チベット化しつづける日本


「中国は怖い国です。
 戦争中、私は学徒出陣で召集され、初年兵の時は台湾・高雄に駐在しました。その後、千葉陸軍高射学校に入学するために基隆港から門司港まで移動したのですが、途中、青島港に立ち寄った。その時、私は始めて中国人というものを目にしたわけです。青島の中国人は「山東人」と呼ばれ、大柄で、独特の衣装を身に纏っている。顔や体は何年も入浴していないかのように真っ黒で、穴倉のようなところで生活をしている。そんな中国人の生活ぶりは、日本文化の中で育った私には極めて異質なものに見え、驚愕したものです。
 同時に、ふと、「中国と戦争を開始した日本政府の判断は、間違っていたんじゃないか?」という不安が頭をよぎりました。ほとんど動物に近い活条件でもやっていける民族と戦っても、勝てないんじゃないか。また、文化人類学的にみても、中国はあまりに日本と違いすぎる。もし日本が中国人を支配したとしても、うまく行くとは思えなかったのです。」
 李登輝 2008年台湾総統選挙と「海洋国歌」日本の命運 
 「諸君}2008年4月号44Pより引用


 美感や情感を含め、日本人と中国人の文化はあまりに違いすぎます。中国人と共に生活をしていくならば、生き延びるために日本人はその細やかな人情や優しさを失わなければなりません。
 このまま中国的なものと接し続けると、きっと日本人は穢れて野蛮化していくに違いありません。そして政府や政治家、官僚、経済界、警察などと日本国民の心理的乖離が徐々に始まっております。
 このまま嘘の日中友好を無理に続けるならば、やがては日本国民の中に恐ろしいエネルギーを蓄積させそれが臨界点に達する時が来るかもしれません。
 「日中国交を回復させ、嘘の友好を国民の税金で国民に押し付け続けている日本政府の判断は間違っており、そして戦前も戦後も変わることの無いマスコミのミスリードは、近未来にとんでもない悲劇をもたらすのではないか。」国民が内心抱いているこうした不安が、実現する蓋然性は案外高いかもしれません。
 恐ろしい異形の中国帝国と絶対に戦争をしないために、そして適度な距離を維持して離れ続けるために、核武装を含めたさまざまな戦略を練る必要があります。
 しかし現政権や民主党政権ではその実現は無理ですから、政界再編を待つしかありませんが、このことはよきマスコミを持たない日本にあってはほぼ絶望的でしょう。
 日本人が大新聞が絶賛して止まない中国ほど荒々しければ、他にいくつか方法はありますが・・・。



人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

中国はいかにチベットを侵略したか中国はいかにチベットを侵略したか
(2006/02)
マイケル ダナム

商品詳細を見る
中国は日本を併合する中国は日本を併合する
(2006/02)
平松 茂雄

商品詳細を見る

本日の感染症

 本日の当ヤブークリニックの主な感染症の傾向です。
1.感染性胃腸炎                3人
2.溶連菌感染症                3人
3.マイコプラズマ感染症            3人

 だいたい以上のような感じだったと思います。

 自由で民主的な日本では、頭脳が筋肉で出来ている人も、お花畑で出来ている人も、便所の100ワットで出来ている人も、貯金箱で出来ている人も、義侠心で出来ている人も、藁で出来ている人もおり、人生いろいろで何とか無事に最後の聖火を韓国に渡すことができたようです。
 しかしあれだけ無駄な税金を使うのでしたら、いわゆる後期高齢者の医療費にまわしてくれれば、脳が自転車操業でできているヤブーもよっぽど助かるのですが・・・。
 まあ、本当にはた迷惑な自画自賛道中でしたが、中国のお陰で、「愛国心は人類最高の道徳である」というナポレオンか誰かの名言を覚えましたので、これからは日本も中国を見習って堂々と愛国無罪に研鑽したいと思います。
 
 どうせ宇宙から観ればいつかは消えていくファンタジーですが・・・。

 それでは皆様、ご家族や友人、恋人の懐かしいぬくもりを大切にしながら、楽しい週末をお過ごしください。 
 チベットにもぬくもりを!



人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ


 

天皇皇后両陛下 自治医科大学行幸啓記念

20080426175219

 昨年の12月4日、天皇皇后両陛下が自治医科大学への行幸啓を賜れました。
080426a.jpg

 この大学はヤブーの母校ですが、本日同窓会からその記念誌が届きました。
080426b.jpg

 心の師の教えに従い、大学を卒業したあとはなるたけ大学に近づかないような生活をこころがけてきましたが、それでもやはり母校には結果的に大変お世話になっています。
 この日本の祖先や天地の神様、そして国の行く末や民草の安寧を常に祈って下されている、祭祀王・天皇陛下と皇后陛下の行幸啓はまことに光栄で喜ばしいことです。
080426c.jpg

 自治医科大学とちぎ子ども医療センターへのご訪問や後期研修生のご懇談を優しく慈愛に満ちた姿でなされ、センター外来では病気のこどもたちの手を取られ励ましの言葉を賜われたそうです。
 末席を汚す同窓生としては恐れ多いことですが、地域医療医療と日本国民を鼓舞してくだされた両陛下に深い感謝の気持ちを抱きつつ、紹介させていただきます。
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

国防は最大の福祉である









 世界は髪の毛の先まで腹黒い。国防が最大の福祉である。

人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ


本日の感染症

 本日の当ヤブークリニックの主な感染症の傾向です。
1.感染性胃腸炎              3人
2.マイコプラズマ感染症          2人

 だいたい以上のような感じだったと思います。

 聞くところによると、「ヒトラーのさらなる政権の基盤強化と対外的に平和を望むというアピールに利用されたのが1936年8月の第11回ベルリンオリンピック大会だった。巨費を投じた競技施設と五輪史上初の選手村、初の開会式の聖火式や聖火リレー、初のテレビ中継大会など、期間中の華麗な演出はまさに現代オリンピックの原型であり、戦前最後となった同オリンピックは、ヒトラーの大会とさえいわれた。」そうです。
 
 今朝、長野に届いたはた迷惑な凄禍は、ひょっとしたら史上最後の世界を巡る聖火になるかもしれません。
 最初がヒットラーで、最後がナチスドイツ以上のホロコースト・ジェノサイドを現在も実行中の中国共産党国家主席コキントウというのは、やはり歴史のパラドクスでしょうか。

 やはり「醜いものからは目を背けること」、これもまた日本人らしい反対方法の一つかもしれません。
 行く桜行かぬ桜もまた桜。自作自演に気をつけよう。<孫子>

人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

台湾をWHO加盟へ


台湾WHO加盟への支持を
      アジアのパンデミックに備え


日本台湾医師連合 会長  王 紹英

 今年もアジア各地で鳥インフルエンザウイルス感染による新型インフルエンザの死亡者発生のニュースが伝わってきている。今年1月24日に世界保健機関(WHO)が発表した世界統計によると、2003年〜08年に鳥インフルエンザウイルスによる感染者はアジアを中心とした世界14カ国において353人が確認された。その内221人が死亡し、60%を超える高い致死率となっている。各国の保健関係者が最も危惧しているのは鳥インフルエンザが変異し、人から人に移るようになり、パンデミック(世界的な大流行)になることである。発生すれば多くの命を奪おうのみならず世界経済に大打撃になることは言うまでもない。

わが国を含め、各国はそれぞれ具体的な行動計画を立ててパンデミックの発生による社会的パニックを防ぐ努力をしている。同時に各国との連携、情報交換およびWHOからの新型インフルエンザに関する情報の提供は不可欠といえる。

「すべての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」とWHO憲章の第一条が謳っているようにWHOは国境・政治体制・宗教・人種等の垣根を超え、人類の健康を守るべきであるにもかかわらず台湾は中国の横暴な阻害により今日までWHOに加盟できない状況が続いている。しかも、2005年に中国とWHOが密かに交わした「国際保健規則(IHR)」の備忘録によると、台湾はWHOから直接情報を受け取ることができず、中国を通して受けるしかない。WHOの自己矛盾と人権無視としか言う用がない。

 中国からのSARS飛び火の騒ぎに続き、昨年にはタイから輸出された汚染ベビーコーンの問題が発生した。中国はWHOからの情報を台湾に即伝えるべきであったが、台湾が受け取ったのは10日遅れた役立たずの情報でした。SARSの隠蔽から今回の毒ギョウザ事件に一貫しているのが中国の不誠実な体質である。

 このように中国の不義に満ちた意図的な策謀による実害が最小限に抑えられたのは台湾医療関係者の努力による。しかし、世界から孤立した台湾一国の努力は自ずと限界がある。WHOから排除されている台湾はすなわち世界防疫体制の大きな抜け穴であることは明白である。

 日本と台湾の両国民の往来も年間250万人を超え、台湾を訪れる観光客の3人に1人が日本人であることを考えれば台湾に発生した広域伝染病を日本に広がらないことは大変困難である。台湾にての防疫作戦はすなわち日本の域外防疫作戦でも言える。
医療で世界に貢献できる、しようとしている台湾をWHOに加盟させ、世界の防疫体制にきちんと組み込めることは、人道的な立場からもわが国の国民を守る見地からも推進すべきである。

 2300万の台湾人の悲願である台湾WHO加盟に耳を傾け、よき友人として支持してくださることを日本国民に呼びかけたい。
『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.htmlより転記


 アジアで普通の意味での文明国で、なおかつ人情が通じ合える兄弟朋友の国・台湾をWHOに加盟させない理由は日本国民にはありません。
 しかし現在日本においては政財界官僚の指導者と草莽との間にねじれ現象が生じております。
 上の連中はすっかりからごころに染まっているかもしれません。
 現在大和心の国民は耐え難きを耐え、しのび難きしのんでおります。
 むろん日本国民は台湾の加盟を支持するのですが、台湾の皆様も、私たちの堪忍袋の緒が切れるまでもう少し自主独立の精神を陶冶してください。
 案外、アポトーシスは近いかも知れません。

 人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

本日の感染症

 本日の当ヤブークリニックの主な感染症の傾向です。
1.感染性胃腸炎               2人
2.溶連菌感染症               2人
3.マイコプラズマ感染症           5人

 だいたい以上のような感じだったと思います。

 数年間で10億円も… 茨城県国保連職員が着服というニュースには驚きました。
 溶連菌の検査や膀胱炎の検査など、意味も無くちょいちょい削られることがありますが、10億円分削るのは今後本当に大変でしょう。
 医療保険の審査は県によって厳しいところとゆるいところがあるようです。ヤブークリニックのある栃木県は厳しいことで有名で、茨城県はゆるいという噂ですが、今後は大変厳しくなるでしょうか?
 人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

ご冗談でしょう 中国共産党さん


長野聖火リレー「日本を信じる」と中国当局
2008.4.24 19:11

このニュースのトピックス:北京五輪
 【北京=野口東秀】26日に長野で行われる北京五輪聖火リレーに関し、中国外務省の姜瑜報道官は24日の記者会見で「中日双方の努力で必ず安全だと信じる。具体的な(警備)手順は当地での状況に基づき日本の警察当局が適切に判断、必ず有効な協力をしてくれると信じる」と述べ、万全な警備態勢が取られることに強い期待を示した。

 姜報道官は、聖火ランナーと一緒に走る青い服を着た「聖火防衛隊」の人数が減ったことについては直接言及せず「重要なことは、聖火リレーが妨害されたり汚されないことを保証することだ」と強調した。

以上MSN産経ニュースより引用



 日本はあなた方がいまだに「南京捏造テーマパーク」などで嘘宣伝している通りだとすれば、世界一残虐無比、劣悪非道の蛇蝎のような国家です。
 しかも毎年あなた方に厳命されたおかげで、人類最高の道徳である「愛国心」をもほとんど失いかけております。
 それにほら、小中国のような大新聞のために、すっかり恥知らずの人間が増えてしまいました。
 もはや日本はかっての、「清潔」「公正」「勤勉」「信頼」「責任感」「正直」「規律遵守」「滅私奉公」などの日本精神あふれる国ではございません。
 ほとんど隣国のモンスター国家そっくりになりつつあります。
 26日の政禍リレーでは、何があっても”彼此彼此、沒問題”でございます。
 その点誤解の無いように。
 人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

情けは人のためならず 台湾を支持しよう


【講演要旨】「台湾の行方」

講師 林建良 (りんけんりょう)


時局心話会名古屋例会にて (平成20年4月9日)


 3月22日の台湾総統選挙は国民党の馬英九氏が勝ったというより「民進党が負
けた」というのが正しい。陳水扁現総統と馬氏は共に台北市長経験者で、実績と
手腕は陳氏が遥かに勝っている。しかし市長として有能でも国の指導者として優
秀とは限らず、その意味で陳総統は失格だった。

 陳総統は独立派を気取りながら中国との経済統合を進め、一方の馬氏は中国(中
華人民共和国)ではなく「中華民国」としての台湾を協調している。「民進党=
独立派、国民党=統一派」という従来のイメージとはむしろ逆転しているのだ。

 馬氏は本質的に反日だが、意見番である李登輝前総統らが親日である以上、大
した政治的信念のない馬氏が表だって反日的態度を取ることはないだろう。台湾
の親日化は中国からの離反につながり、日本やアメリカにとっても利益をもたら
すはずだ。

 台湾がこれからどうなるか。それは「台湾をこれからどうするか」という問いで
もある。国民党の国策が大きく転換しようとしている今こそ、李登輝氏にとって
、そして台湾にとっても大勝負の刻であることが強調された。

(文責 時局心話会 高村)

『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

以上引用


 日本のために台湾をまもることが日本のシーレーンを守り、台湾の兄弟朋友を守り、中国共産党のアポトーシスを早め、ひいては東アジアの安全保障に役立つわけです。
 なるべく周辺諸国と中国の一般国民の被害を少なくするために、全世界が協力して産婆術を練らねばなりません。膿をだす苦しみはすさまじいでしょうね。
 障子の桟が見えるうちは、まだまだです。
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

祈りの週

 今週はさまざまな困難に遭っている身近な、あるいは遠くの人々に自己満足な祈りを捧げたいと思います。
 今日は以前「再会」という駄文で書いた、高石ともやとナターシャセブンの名曲をyoutubeに載せましたので、暇があれば聴いてみてください。

 「生きていて良かった」と思える瞬間があった人は幸いです。
 それをともに分かち合える人がいた人はなお幸いです。

 しかし世界にはそんな小さな幸いすら感じることが出来ないまま去っていく人が多く、誰にもどうすることができません。
 心の平安を静かに祈ることすら出来ない現実を、誰も救うことが出来ません。


 

人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

チベットに命と光を


【明日】チベットの平和を願う集会

チベットで亡なった人々を悼んで 49日法要

対談  中沢新一/ペマ・ギャルポ

2008年4月23日(水) 16:00 ~ 20:30
会場   梅窓院 祖師堂 (銀座線外苑前駅 1a出口 サブウェイ左折)
参加費  無料

当日はご記帳をお願い致します。

3月10日チベット僧たちの抗議デモから始まった一連の抗議行動が中国の公安
当局の弾圧行為で、ダラムサラ亡命政府公表では140名強(中国当局によると1
9名)の尊い命が犠牲になりました。また、このことがきっかけとなり世界中の人
が中国政府に抗議活動を行っております。非暴力を貫いているダライ・ラマ法王
は、中国政府に対話の実現を求めており、人権擁護の立場からさまざまな形で抗
議が繰り広げられております。私たちはここ日本において、下記のとおり、亡く
なられた方々を悼み、またチベットの地に平和の日が訪れるよう儀式を執り行い
たいと思います。                

                                    
      ペマ・ギャルポ

第一部:49日の法要 16:00~18:00 
導師 :テンジン・リンポチェ(幼少からチベットで修行を重ね亡命後は南イン
ドで9年間修行)
     ラマ・ウゲン(インドミンドォリン寺で修行、チベット文化研究所レ
ジデンス・ラマ)

18:00 ~ 19:00  休憩

第二部:対談 19:00~20:30 

       中沢新一(多摩美術大学教授・チベット仏教学者)と
       ペマ・ギャルポ(チベット文化研究所所長・桐蔭横浜大学大学院
教授)。


       コーディネーター:松本智量(アーユス仏教国際協力ネットワー
ク事務局長・
                  浄土真宗本願寺派延立寺住職)

主催 : チベット文化研究会
協力 : アーユス仏教国際協力ネットワーク
発起人: ペマ・ギャルポ 
問い合せ チベット文化研究所/西五反田2-12-15-401(03-5745-9889)




人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

本日の感染症

 本日の当ヤブークリニックの主な感染症の傾向です。
1.感染性胃腸炎               4人
2.溶連菌感染症               4人
3.マイコプラズマ感染症          1人

 だいたい以上のような感じだったと思います。
 溶連菌感染症が多いですね。

 従来溶連菌感染症はペニシリン系だと10日から14日、セフェム系の抗生剤だと7日から10日服用することになっていました。
 しかし最近は初発だとセフェム系を5日間服用で、前にもなったことがあると10日間服用がよいという話もあるようです。

 人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

「日本よこんな中国と付き合えるか」  林建良医師はなぜ書いたか


【連載】日本よ、こんな中国とつきあえるか(0)
    台湾人医師の直言

(転送転載自由)

著者 林 建良

出版 並木書房(2006年7月)
 


【一言】私はなぜ「日本よ、こんな中国とつきあえるか」を書いたか?

  「日中友好」という呪い

 「日中友好」という言葉ほど滑稽なものはありません。あの言葉の本当の意味は、日本が中国に友好的でなければならないという片務的な義務のみで、その逆は成立せず、実際も存在しません。

 「日中友好」は中国が日本にかけた呪いなのです。その強烈な呪いで、日本は中国に従順的でなければならないように操られています。それだけではなく、道徳的にも常に中国より下位にならなければいけません。そして、中国に永遠に貢がなければなりません。

 不思議なことに、日本人がこの呪いから脱出しようとしません。それどころか、その呪文を大声で唱え、布教さえしているように見えます。小泉総理の靖国参拝中止を求める経済同友会の声明はまさにその象徴です。

 この不思議な現象を日本に来てから二十年近く眺め続けましたが、このままでいいのかとの思いでこの単行本を書きました。日本語で出した初めての単行本です。読んで頂ければ幸いです。


                    林 建良(りん けんりょう) 

                 
                       平成十八年七月十五日


















日本よ、こんな中国とつきあえるか?日本よ、こんな中国とつきあえるか?
(2006/07/01)
林 建良

商品詳細を見る


人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ


香港のチョコレート

20080421230753

 知人が中国に偵察に行き、土産のライチーチョコレートを頂きました。
 やはり日本の方が暮らしやすいそうです。そりゃそうですが、だんだん日本も住みにくくなるかもしれません。 
そうそう土産と言えば、安倍政権の置き土産であの外国のためにあるような外務省が、竹島に関するパンフレットを作ったそうです。
 あの時の海洋調査の予算はどうなったのでしょうか?


人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

本日の感染症

20080421193326

 本日の当ヤブークリニックの主な感染症の傾向です。
1.感染性胃腸炎              4人
2.溶連菌感染症              5人
3.マイコプラズマ感染症          3人
4.水痘                    1人

 だいたい以上のような感じだったと思います。
 溶連菌感染が多い印象ですね。大の方も結構いらっしゃいます。
 
 写真は水ぼうそう(水痘)の発疹です。

 ところで竹島の件はどうなったのでしょうか。
 チベットや北方領土をみても、領土というものは一旦占領されてしまったら、取り返すのはまず無理ですね・・・。
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ


 
 

台湾人の林建良医師による「日本よ、こんな中国と付き合えるか」連載


【連載】日本よ、こんな中国とつきあえるか(1)

(転送転載自由)

 林 建良 著

 並木書房 出版(2006年7月)

【まえがき】

 日本は誤解されている。日本人は中国や台湾をよく理解していない。

このことについて日本人が自覚していないか、自覚していながら何もしないかのどちらかのように、台湾人の私には見える。これでいいのかとの思いが、私の中に日増しに強まっていた。そこでこの本を書き、愛する日本に捧げたい。

 日本に心理的にも地理的にも近い台湾人でさえ日本像を正しくとらえていないことを、日本に来てから痛感した。日本統治時代を経験した戦前世代の台湾人は日本に対して一種の文化的郷愁を持ち、そのフィルターを通して日本を想っている。一方、私のような戦後世代の台湾人は学校で中国人と同じ目線に基づく反日教育を受け、歪んだ日本観を持っている。

 戒厳令の布かれた国民党政権時代、私は大学を卒業するまで台湾無視の完全な中国人化教育を受けた。それは抗日を愛国とする反日教育でもあった。学校の教科書や反日国策映画の中に出てくる日本人は決まって残虐で、狭量で、そして狡猾であった。映画にはちょびヒゲを生やした傲慢な日本人が必ずと言っていいほど登場する。その人物の滑稽さを誇張することで、日本や日本人を最大限に侮蔑するのが映画の目的だったようだ。

 しかし、戦前生まれの父が、教科書や映画とは逆の日本人像を私に教えてくれた。それは清潔、真面目、滅私奉公、強きを挫き弱きを助ける、凛々しい日本人像だった。

 台湾には「日本精神」(ギップンチェンシン)ということばがある。それは、台湾人家庭で日本人を表現することばでもある。国民党の反日教育に抵抗する気持ちも含まれていたのか、戦前世代の親たちの多くは、日本人すべてが武士道精神を持つサムライであるかのように、子供たちに伝えた。こうして、私の世代では反日の学校教育と親日の家庭教育の狭間で、現実とかけ離れた日本観が生まれた。

 日本に来て、日本人ほど生命に対して畏敬の念を持ち、自然をこよなく愛する民族はないのではないかと感じた。日本人は極めてフレンドリーで寛容的で、そして人に自分の主張を押し付けることのないシャイな民族である。外見も内面も清潔で、台湾人からすれば、非常に好感を持てる民族だった。日本人は学校で学んだ日本人像とは全くの正反対の民族だった。

 だから、日本に着いた瞬間、いつまでも日本統治時代のことを懐かしんでいる父の気持ちが何となくわかった。父たち戦前世代の台湾人は一所懸命、日本人の良さを子供たちに伝えようとしていたのだ。

 ところが、私が経験している日本は、もはや戦前世代の台湾人が懐かしんでいるような日本ではなくなったようだ。今の日本には彼らが憧れてやまない「日本精神」を持ちあわせている日本人は少ない。今の日本には、正義感と冒険心がかなり欠如している。そして、東アジアの平和と安全守ろうとする気概も失っているように私には見える。日本は自国の防衛にさえ責任感と使命感を放棄し、他人任せにしたままである。それ故、見たくないものに目をつむり、思考を停止してしまったかのようだ。

 中国という厄介な存在に対する日本の態度は、まさにその典型である。中国は国連などあらゆる場面において、大声で日本の悪口を言いふらしている。それに対して、人の悪口を言わず慎み深い日本は弁解するどころか、ただただ平身低頭謝っているだけに見える。その態度が中国に日本批判の正当性を与え、そのトーンをさらに上げつついろいろ要求し、それに日本が答えるという繰り返しである。

 日本の対中国政策は無策に近い。あるいは、まるで中国の宣伝用パンフレットに基づいて行われているとしか思えない拙劣さなのだ。賢いはずの日本人がなぜここまで愚かな対中国政策をとっているのか、私はいつも不思議に思う。つまり、日本は中国人の本質を知らないまま中国と付きあっているのだろう。中国は話せばわかる相手ではないということを、日本人は未だに理解していないのだ。日本人は中国のことを知らない。いや、知ろうとしないと言った方が正しいかもしれない。日本にいればいるほど、そう思うようになる。

 中国の本質をわかれば、自ずと日本を含めた東アジアに迫り来る危機を察知できる。そして、その危機を真っ正面から見つめることができれば、国益に準じた有効な対策を取ることができるはずである。

 私は中国的教育を受けた一台湾人として、日本の田舎の一町医者として、また台湾独立建国運動の一参加者として、中国、日本そして台湾の本質とそれぞれ抱えている矛盾と苦悩について、募る思いのまま書き下ろした。それが日本と台湾のためになることを祈りたい。

(次回は4月28日)

『台湾の声』  http://www.emaga. com/info/ 3407.html

『日本之声』 http://groups. yahoo.com/ group/nihonnokoe (Big5漢文)







日本よ、こんな中国とつきあえるか?日本よ、こんな中国とつきあえるか?
(2006/07/01)
林 建良

商品詳細を見る


馬英九先生が総督府の移転の検討などを匂わせたりしています。彼は日本国民の覚醒機であるふ福田先生などに比べれば、はるかに実務的な政治家だと思います。
 しかし出来れば、林建良先生が受けた反日教育の時代に戻ることだけは止めていただきたい。 
 というよりは、馬先生は林先生が言うように、「無色透明」なのですから、日本政府の出方しだいで、親日にも反日にも変わるのでしょうね。
 1000年に一度あるか無いかのチャンスに、福田氏が総理だとはついてない。
 せめて台湾と日本の草莽だけは相思相愛でいたいものです。
 
人気blogランキングへ ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

 

チベット一揆大虐殺と胡錦濤国家主席来日に対するアンケート


チベット惨劇に対する政府対応について
胡錦濤国家主席の「国賓」来日について
[投票期間] 2008/04/21 ~ 2008/04/23




 チベット人一揆を内政問題でホロコーストしている中国共産党の胡錦濤国家主席を、日本の「国賓」として迎えようとしている現在の日本政府に対して、日本国民の皆様の意見を募集しているようです。
 人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

今晩の料理

20080420234801


 今日は久々に料理を作る。
 一品目は葱と大蒜のたれをかけた豚冷しゃぶである。
 豚肉も長ネギと生姜の薄切りを入れたお湯でしゃぶしゃぶした。
 ほとんど全て一難に食べられてしまった。


080421c.jpg



 つぎは山芋の糠漬けを薄くスライスしたものだ。
 これはほとんど私しか食べない。

080421d.jpg


 お次は太太が作ったマーボー豆腐だ。
 これはなかなか美味かった、とたまにはほめておこう。
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 より



(速報)米国、台湾に海兵隊を駐屯させる動き
     外交関係のない米台関係に地殻変動の兆しか?
****************************************

 APによれば、米国は台湾のおける事実上の大使館「アメリカ協会」に海兵隊を「警備」の目的で駐屯させる動きを示していると伝えた。

 1979年の米台断交いらい、両国は外交関係を持たず、しかし事実上の相互の大使館を「北米協会」(ワシントン)、「アメリカ協会」(台北)と名乗って設立し、ビザの発給業務などを続行してきた。
 日本も台北に事実上の大使館(「交流協会」)、台湾は東京に「駐日台湾代表処」を設置している。

 海兵隊の駐屯が、たとえ大使館警備目的であれ、北京の反発は必至。米国の駐在武官は、いまのところ制服を着用しないで勤務しているが。。。
   ☆


 以上転記


 まさか漫画が現実化することは無いとおもいますが、易姓革命は日本や台湾などの近隣諸国に迷惑をかけないようにやってもらいたいものです。
 まあ、モンスターを育てた第一の責任はアメリカにあるわけですが・・・・。


 
2011年日中開戦 (SUN MAGAZINE MOOK)2011年日中開戦 (SUN MAGAZINE MOOK)
(2008/04)
兵頭 二十八

商品詳細を見る

人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

あなたとなら出来る日中友好

080420a.jpg


チベット支持の中国人留学生、同胞から恐喝・罵倒の嵐に遭う

同胞からの凄まじい人身攻撃についての感想を聞かれると、彼女は、「今の中国人のこの種のとても奇妙な「怒り感情」は、心のバランスを喪失した現われであり、歪んだいわゆる「愛国心」でもある…人間としての権利が十分に得られていない状況において、彼らは一種のストレスを感じて発散口を求めている。時には、特定のグループがそのストレス発散の対象と仕立てられ被害を受けてしまう…いまの私が受けている人身攻撃は、まさに1960年代の『文化大革命』を連想させる…」などと感想を語った。

 取材の最後、王さんは、「いまの中国人には異なる政見、異なる声を聞かせる必要がある。国家には強い国民がいることを望んでいるが、強い政府が国民を抑制して言いたいことも言わせないよう強いるのではない。今の中国の状況は秦朝に少し似ている。当時の始皇帝の王朝が崩壊した理由は暴政を講じていたからである…」と語った。

 デューク大学の学生団体などは王さんへの人身攻撃を強く非難し、彼女の個人情報を故意に漏洩したとみられる同大学の「中国学生学者聯誼会」への調査を要求し、同団体の解散を求めている。一方、その会の李治中・会長が米国VOAの取材で、情報漏洩への関与を完全否認している。

 これまでに、海外の各大学の「中国人学友会」「中国学生学者聯誼会」などの組織について、豪州政府に亡命した中国の外交官・陳用林氏や、元中国人留学生幹部などが相次ぎ証言を行い、これらの組織は現地の中国大使館と密接な裏関係を保ち、そのリーダーは中国当局から金をもらい、その他の学生を監視したり、様々な当局支援の活動を組織したりしている、などと明らかにしていた。


以上大紀元時報より引用


 先日中国人に愛国心は無いと書いたが、正確に言うならば、正統的な愛国心があるにはあるが、それは常に汪兆銘のように苦難の道を歩むように運命付けられているのだ。
 王小姐、あなたが中国の正統となるならば真に理解しあえる日中関係を結べるかもしれない。しかし中国の無限に繰り返すループを考えると、今はあなたとあなたのご家族の安全無事を祈願するしか無いようである。少なくともあと百年は・・・。
 百年たったらまた会いましょう。

http://www.youmaker.com/
 人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

情報募集 国家による年金横領?の件

 私は政治経済や法曹界のことについてまったく分からないのですが、いわゆる後期高齢者の患者さんの多くから質問されて困っております。
 どなたか情報をご存知の方はお教えください。

 1.国が年金から保険料を勝手に天引きするのは、横領にあたるか?
2.もし横領であれば、それを取り返すことはできるか?
 3.すでに後期高齢者の方々の窮状を束ねて、国に対する集団訴訟の動きはあるか?
 4.年金被害者協議会と年金被害者弁護団とその連絡先

 なにか情報がありましたら、匿名で書き込みお願いいたします。
 また、hcc@マーク.fureai.or.jpにメールをいただいても結構です。
 大至急お願いいたします。
 自称末期高齢者の88歳の我が父も困っておりますので、よろしくお願いいたします。
 
 人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

 

他人事と他山の石


真・保守政策研究会(中川昭一会長)がチベット問題で抗議決議

【4月18日 日本会議 国民運動関連情報】

 
中国に対する決議

 チベット問題を契機に、いま世界の眼は中国に向けられています。そのチベットで今
も進行中の人権弾圧、民族の文化・言語・アイデンティティへの抑圧、あるいはウイグ
ル等の他の少数民族、宗教者、そして弁護士や知識人等への呵責ない取締りと圧迫等々、
その人権状況への懸念と憂慮が高まっているからです。

 今回のオリンピック誘致に当たり、中国政府は自国内の人権状況の改善を世界に向け
て公約しました。にもかかわらず、この公約履行への誠意ある姿勢は未だに見られませ
ん。それどころか、むしろ人権状況は悪化の一途とさえいえます。

 オリンピック憲章には、オリンピックの目的として「人間の尊厳を保つことに重きを
置く平和な社会の確立を奨励すること」との一項があります。しかし現在、世界の人々
の眼に共通に映じている中国の姿は、残念ながらその対極にあるというべきではないで
しょうか。

 問題は人間の尊厳だけではありません。われわれは中国のここ数年における異常な軍
事力増強にも重大な憂慮の念を抱きます。その増強ペース、内容の不透明性等、それは
どう考えても「平和な社会の確立」とは無縁であるからです。

 と同時に、東シナ海におけるガス田開発の推進、先般の冷凍餃子問題に対する当局の
不誠実な対応……等々、このような中国の姿勢に対する日本国民の疑念や不信もいや増
しに高まっています。

 いま世界の各都市では、オリンピック聖火リレーへの激しい抗議の声が巻き起こって
います。また、各国首脳のオリンピック開会式への欠席表明も相次いでいます。われわ
れはこうした中で、日本国民もまた中国政府に対する重大な懸念と憂慮の念を明確に表
明すべきであると考えます。中国は日本の国連安保理常任理事国入りに反対しておりま
すが、「国際の平和及び安全」と「人権及び基本的自由の尊重」は国連憲章の基本理念
でもあり、われわれが切に希求する目標でもあるからです。

 以下、声明します。

一、中国政府は現在チベットで進行中の人権弾圧を即刻停止し、メディアの自由な現地
 取材と国際機関による調査を受け入れるとともに、ダライ・ラマとの事態打開への対
 話を速やかに開始すべきである。

一、福田首相は胡錦濤国家主席とのきたるべき首脳会談にあたり、以上の世界とわが国
 民の中国に対する懸念と憂慮の思いを正確に伝え、毅然たる姿勢をもってとりわけ日
 中間の懸案打開への中国政府の対応を求めるべきである。

 真・保守政策研究会


関連ニュース:
真保守研 中国政府に「人権弾圧を即刻停止せよ」 福田首相にも「毅然と」


 総ては他人事の福田総理は、おそらく脳天ホワイラな昼行灯か中国政府の使い走りの振りをしたまま脳死状態を続け、全日本国民の草莽を一気に覚醒させる、ものすごい高等戦術をとっているのでしょう。
 御陰さまで、子供や老人でも中国の実態を知り、「南京問題」など日本に対するこれまでの数々の誹謗中傷が、中国産毒情報で朝日・毎日・NHKなどを介して全国に販売されて国民の脳に蓄積されていたことが分かりました。
 コキントウの来日の前後か、サミットの前後あたりを花道に現政権は倒れるという話もありますが、福田総理の「あくまでも慎重に、冷静に自体の推移を前向きに見続けた」功績は、百年後の歴史が証明してくれるでしょう。
 一方、正統的な手段で国民に呼びかけ、政治を行おうという政治家・政策研究会もあるようです。
 日本は自由で民主的な国柄ですから、人生いろいろですね。

人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

モンスター新聞が日本を滅ぼすモンスター新聞が日本を滅ぼす
(2008/04/17)
高山 正之

商品詳細を見る

本日の感染症

20080419174014

 本日の当ヤブークリニックの主な感染症の傾向です。
1.感染性胃腸炎                5人
2.溶連菌感染症                3人(猩紅熱2人)
3.マイコプラズマ感染症            2人

 だいたい以上のような感じだったと思います。
 溶連菌がめだちましたが、必要でも迅速検査をやりすぎると支払い基金から保険料金が削られるので、難しいものです。
 本日はずしたのは1/4で25%ですから、まあまあの確率でしょう。

 ところで昨日のお昼休みは、いつものじー様街道を走って、介護保険の審査会にいって参りました。
 たまには雨模様のじー様街道もいいでしょう。

 ひょっとしたら来週の土曜日も雨風が激しく、雷鳴が鳴り響く絶好の「政火リレー」日和になるかもしれませんね。
 何度も繰り返しますが、総ては政治なのです。「オリンピックに政治を持ち込むな」と言うのも政治的発言ですし、「チベット一揆大虐殺事件の悲惨さは理解するが、オリンピックは平和の祭典である」と言うのも政治的な発言です。
 要は「内政問題である」と言いつつ、自国民でさえをも平気で大虐殺するような中国を支持し、日本国民の血税を無駄にしてわれわれの首を締め続ける現政権と「モンスター国家」を認めるか否かということです。それに、「情けは人のためならず」です。
 「ふ、ふ、不服だ!」、そして「チベット人を殺すな!」と叫ぶだけで、清き一票以上の成果を得られるチャンスはめったにございません。
 皆様も政治が起こした災い、すなわち「政禍」の炎を消すために、八百万の神様と天地の恵みに祈りつつ、楽しい週末をお過ごしください。
 「フォースと共に在れ(May The Force Be With You)」
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。