藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

10月« 2006年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2006年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とり子といぬ子

20061123104616
スポンサーサイト

闇夜のトリ子

20061114224645

 すっかり婆さんになって卵を産まなくなった初代トリ子が、ヤブー養鶏場の網を潜って脱走した。
 馬鹿イヌ子の邸宅を乗っ取ってまさに眠らんとするトリ子である。
人気blogランキングへ←一日一個もカプセル取れぬ、とりあえずポチッと。

本日のランニング

 ランニングを行う場合は、強弱をつける必要がある。
 従って本日のランニングは、昨日の30分より減らして20分程度にして後の10分は歩いた。ランニングのスピード自体も、這うよりも遅いくらいにした。
 体内のウイルスが活動の機会を狙っている気配を感じ、昨晩寝る前に感冒散とマイタケを飲んだのであるが、感冒散に含まれている少量のカフェィンのためか、入眠できるまで寝付けなかったからである。(当たり前か)
 マイコプラズマと胃腸型のウィルス感染、水痘、ムンプスが相変わらずちらほらしている。
 本日も元気にウィルスを浴びなくては。
人気blogランキングへ←一日いっぱいウィルスを浴び、とりあえずポチッと。

今日のランニング

 ヤブーは23年くらい前にちょいと心臓のリハビリに関心を持ったことがある。たしか「心臓発作を乗り越えて」とかいうトロント大学の先生が書いた本を読んで、心筋梗塞を起こした人でも徐々にトレーニングを積めばフルマラソンを走れるようになることを知ったからだ。
 また、週間朝日か何かで有名なホノルルマラソンもたしか心臓病のリハビリをかねているのも知った。
 そんなわけで、内視鏡を習った後、一時期自治医大の循環器内科に負荷心電図を習いに行ったことがあるが、飽きっぽい私のこと、すぐに挫折して、微量ミネラルの研究に向かい生化学教室に出入りすることとなった。
 ランニングの方はしばらく非常に凝った時期があるが、歩くようなスピードでフルマラソンに出るかどうかまでいったころ、急に熱が冷めて現在に至っている。
 先だって自治医大の同窓会で、同級生の中にフルマラソンランナーが3人くらいいて、トライアスロンをしているものも1人いるのには驚いた。
 そんなこんなで、ここ数週間歩くよりも遅いスピードで走り始めた。
 本日は30分ほど走った。
 へばっちゃだめだぜ、先はまだ長い。

人気blogランキングへ←一日一回ひとっ走り、とりあえずポチッと。

本日の馬鹿犬子

20061109185215

 本日当弱小クリニックのヤブー院長は、午前の診療の後、介護保険審査会に町内出張いたしました。 
 本日は16名の方の審査がありました。毎度ながら難しいケースが何件があり、ヘボ司会も難儀しました。
 馬鹿犬子は暖かな陽気の下、あほ顔して昼寝をしておりました。
人気blogランキングへ←一日一度は昼寝する、とりあえずポチッと。

光る目

20061102130550

 じー様のご指摘どおり、写真を送って忘れてもうた。
 馬鹿犬子も夜は目が光ってちょいと怖いのである。

人気blogランキングへ←光る海、光る大空、光るめん玉、とりあえずポチッと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。