藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

03月« 2006年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2006年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩の途中で

20060429110911

今日はたまに馬鹿いぬ子を散歩に連れて行ってやろうと思い、7時ころ散歩に出た。写真は散歩の途中のいぬ子である。
途中で運悪く?ヤブー御用達の床屋さんに出会い、本日の散髪を依頼する。
約束の時間にたまたま急患の患者さんを引き受けてしまい、その方を診ている間にもう一人いらっしゃったので、散髪にいけない状態が続いている。
11時半からに再予約したのであるが、また先ほど電話があり、それも遅れそうである。この分では当分散髪はしない方が良いということだろうね。
人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。


スポンサーサイト

今日の散歩

 昨日ダイナミクスという電子カルテのちょっとした改定作業を行った。よく確かめればよかったのであるが、連休前で多少患者さんがおり、作業を開始したのが8時過ぎであったため、ネットワークのパソコンの一台がデータベースにアクセスしているのに気が付かず、データベースがぶっ壊れてしまい、修復に手間取ってしまった。
 帰宅したのが9時過ぎで、いつものようにするめとビールと漬物の夕飯を食べて寝た。鯖の焼き魚もあったかもしれない。
 朝携帯がなるような夢を観ていて、2回目に本当に鳴っているのだと気づいて起こされる。妻から一難を送るようにの指令であった。
 駅まで送り、7時くらいから35分位散歩をする。昨日もすこし走ったので、これで3日坊主の散歩は終了しても大丈夫である。
 しかしコンピュータのトラブルには何度泣かされたことか、こんなものはないほうが良いに決まっている。
人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。


今日の散歩

 昨夜はコンピュータの調整をしていて寝るのが遅くなったので、今日の散歩も中止しようかと考えていたが、NHKの「試して合点」でも言っていたように、何時に寝ても起きる時刻はなるたけ同じ方が、体内時計を調節するのには良いので、5時50分に起床した。
 まあ、妻に起こされて息子を駅まで送っていったわけであるが、そのお陰で今日は3日坊主の散歩が出来た。
 今日は軽くジョグをして、心拍数が140くらいまでいったが、その後は早足の歩きで30分弱で終了した。食事はバナナとりんごを食べた。
 朝食を食べた生徒の方が、食べない生徒より成績が良いという論文があり、あちこちで引用されるが、そのうちの一つは自治医大の教授が書かれたものである。昔医学生だったころ、徹夜マージャンをした学生たちはそれをおちょくり、「さあ、K先生に怒られるから、朝飯食って寝よう」と言い笑っていた。
 まあ体内時計をリセットするのは、太陽の光と朝食であるのは確かであるから、食べないよりは食べたほうが体はしゃきっとするのは言うまでもない。
 ただ成績を決めるのは、脳力とやる気である。脳力があっても、やる気が無いのは当たり前であるが、その脳力を使わないので「やれば出来るのに」で終わってしまう。私もよくそういわれた物だ。
 やる気を出すのに必要なものは、「目標」である。昔読んだジョージ秋山氏か誰かの漫画に、「散歩のついでに富士山に登った人はいない」とか言うのがあったが、若いうちはスポーツでも勉強でも高望みをしなければ、まったく伸びないのは当たり前である。
 しかし目的もある程度予測可能な安定した社会でなければ、多くの人にとっては実現しにくいであろう。下克上の混乱期は、一握りの野心家にとってはラッキーな時代であったかもしれないが、一般の庶民にとっては大変な時代であった。
 日本も新しい競争社会に入るようであるが、アメリカ型の社会とは風説を操り、一握りの人が富の半分以上を取るというシステムである。
 今後の日本はどのようになっていくのであろう。私の場合はもうあまり「目標」も「夢」も無くなりつつあるのであるが・・・。

人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

うつ病の薬

 町内出張から帰ると、鬱の患者さんが第1号であった。2週間前から抗うつ剤を処方して眠れるようになり、死にたいという気持ちもなくなってきたが、一日中眠いのでやらなくてはいけないことが出来ない。このまま眠ってばかりいると、駄目な人間になるのでは、という心配で来院された。
 鬱の人は脳の疲れを取るために、一時眠っても眠っても眠いという時期があることがある。脳の疲れが十分に取れるにしたがって、自然な意欲が出てくるから大丈夫だと説得するのにしばらく時間がかかった。生真面目な人ほど鬱になりやすいと昔から言われるが、責任感の強すぎる人は休むのにも気兼ねするから治りにくいのである。
 ところでうつ病の薬といえば、驚くような事件が栃木県内でおきましたね。

栃木の女子中生2人、担任の給食に抗うつ剤
 栃木県那須烏山市の市立中学校で3年の女子生徒2人が、担任の男性教諭の給食に抗うつ剤を混ぜ、食べた教諭が目まいなどを訴え、病院で診察を受けていたことが25日、分かった。
 生徒2人は「自分たちだけが担任から注意を受けていると思った。(薬の効果で)優しくなってほしかった」などと話しているという。
 県教委などによると、2人は同級生の女子生徒が不眠症のためインターネットで購入した抗うつ剤のうち、5錠を譲り受け、18日に3錠をすりつぶして担任の給食のなめこ汁に混入させた。
 一方、抗うつ剤を渡した同級生は18日夜、抗うつ剤を大量に服用して倒れ、翌朝、救急車で病院に搬送された。同級生は「問題が起きたのは自分のせいだと思った」と話しているという。
(04/25 13:11)

 高校生が自分で薬を輸入して、しかも大量に服薬していたのですから、ちょっとパーソナリティに問題があるのかもしれません。しかしその薬を譲り受け、担任の給食に混ぜるとは非常に危険な行為ですね。
 教師も給食を食べるのが命がけの時代になってきたんですね。いやはや、便利は何時も不便と隣りあわせで、両方良いことはありませんな。 人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

今日の町内出張

 本日の午後ヤブーは町内の三歳児健診にいってまいりました。
 19人の予定でしたが、15人で終了しました。
 早く終わったので、馬鹿イヌ子の餌を買い、与えてまいりました。そういえば、あいつ2日ほど餌があたっていなかったかも・・・。まあ動物ではカロリー制限が長寿法の一つであることは確立されているからよしとしよう。
人間は寿命が長すぎるので、実験は出来ていないようであるが、昔カリフォルニア大学のウォルフォードとか言う医者が、自分でカロリー制限で長寿できるかしていたな。あの本を読んでから20年くらい経つが、あの先生まだ元気なんでしょうかね。
人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。



今朝の散歩

hina.jpg

 今朝も朝早くから、近所の鶏が鳴いていたが夢うつつでそれを聞きながら、惰眠をむさぼっていた。
 起床したときには一難はすでに登校しており、とりインフルエンザの研究用のヒナがにぎやかに餌を待っていた。雛用の飼料をやり、散歩に出かけようと外に出たが、恵みの小雨が少し降っている。
 しょうがなく家の居間で15分ほど室内ランニングをしてお茶を濁した。かって元気なころは、室内でよく1時間ほど走っていたが、今日は時間が無いのですぐやめた。
 可愛かったひよこも少々グロテスクな雛になりつつある。最近15、16歳くらいの少年犯罪がニュースを賑わすが、性ホルモンの増加する時期は頭も少々混乱しているものだ。
 気分の変動も激しく、愛着と反発の間を揺れ動いたりする。衝動性も増すので、かっとなると一種の錯乱状態にもなる。
 たいていの子供は学校に軟禁され、勉強や部活でエネルギーをそいでくれるので、何とか親もやっていける。この年頃の始末の悪い子供らを預かってくれる学校は、なんてありがたいところであろうか。神さま、「学校を有難う」とつぶやきたくもなる。
 勉強の面白さに気づいた子供も、同じせりふを呟くだろうが、親にとっても助かるシステムではある。
 そのシステムにもいろいろ問題はあるし、学校に行けない子供はどうするかということもあるが、それはまたいずれ気が向いたら書きたいと思う。
人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。




散歩が始まらない

 今週はまだ3日坊主の散歩が出来ないでいる。
 先週の金曜日は次女が大学から帰ってきたが、母親と一緒に買い物に行き夜は久々に一人でカップヌードルを食べた。次女は少々細くなり、垢抜けた印象であった。
 土曜日は何故か朝早く起きられず、診療後も動く気になれずにテレビを観てすごす。息子はバスケット部の練習があり、日曜日には先輩たちの試合を見学しなければならないらしく、塾を自主休講にして午後7時過ぎに帰った。
 昨日の日曜日は、息子はバスケの試合見学のために起床したときには出かけていた。妻は次女を大学まで送って行き、私は庭の張替え用の芝を買ったり、両親のご機嫌伺いや夕食のカレーを作ったりと別行動をとった。
 個人的にも国の周辺でもあまり元気の出ることが少ない週であり、食生活も乱れて、いつもの抗酸化食というよりは高脂肪食に近い状態が続いた。
 明日は晴れていたら、久々の散歩をしようと思う。
人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。



 
 

本日の町内出張

 本日ヤブー院長は午後近くの小学校の健康診断に行ってきました。
 先日書いたように、まだ男女混合名簿のようでしたが、書き込み自体は担任の先生がしてくれたので、それほど目は疲れませんでした。
 さすがに5,6年生は男女別の診察でした。
 今日の朝は恵みの雨で、三日坊主の散歩は無事サボれました。
 午前中の診察も強い風と、雷雨に雹まで降ったようで、おかげさまで患者さんが少なく、健診への体力を温存できました。
 しかし竹島問題とかで日本海も荒れ模様ですので、日本の荒ぶる神が怒っているのでしょうか。午後からは日もさして来ましたが、まだまだ波は高くなりそうですね。
人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

心拍数をモニターする

20060420102409

ところで今日も一難を送っていったあと、3日坊主の散歩の1日目を行った。
散歩のペースを決めるには、古典的には「トークテスト」というのがあり、隣の人に息切れしないで話しかけられる程度の強度がいいとされる。
しかし出切れば心拍数をモニターするのが理想的である。
私は数年前に購入した「セイコーパルスグラフ」をまた用いているが、どうもこれは製造中止になったようである。
これに代わるものはいろいろあるが、そのうちに紹介したい。
人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

パニック障害のぶり返し

 先日安定していたのに、パニック障害が不安定になった患者さんのことを少し書いた。
 パニック障害からの回復の過程において、「ぶり返し」は避けられない。これはよくなっていくほど生じやすいとされる。
 ぶり返しの理由の一つは、ストレス耐性の閾値を越えるレベルの生活に入ることによる。だから進歩と共に耐性閾値を越え「ぶり返し」が起こりうることは覚悟しておいたほうがよい。
 このことを忘れると、元の自動的不安サイクルに陥ることがあるので注意が必要だ。
 「パニック・ディスオーダー入門」という本には、ぶり返しこそが成長への達成過程であり忍耐の時と書かれている。

 ●ストレスを切り離しなさい
 ●ストレスを自分はどのように考えているのか気付きなさい
 ●ストレスに関連した問題を解決しなさい
 ●不安を生み出す考えを捨てなさい
 ●「ぶり返し」は起きたままに放置しておきなさい
 ●瞑想や呼吸法を続けなさい
 ●自分の考えでもって取り組みを続けなさい

ようはぶり返しに悩んではいけない。あるがまま受け入れ、マインドフルな態度で基本に返るのである。

 問題は常に成長の源である。


 人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

三日坊主最後の日

 今日は3日坊主の散歩の最終日である。
 一難を駅まで送り、その後散歩に出かける。今日は昨日よりは1時間ほど長く眠ったので、軽いジョグからスタートする。15分ほど歩くより遅い走りで心拍数が150を超えてきたので、以後はクールダウンに入る。平均心拍数は122程度で約30分の散歩を終了する。
 
 先週急性胃腸炎で病院に入院依頼をした患者さんが、咽頭痛で受診する。退院後の受診が土曜で終了したそうなのだが、のどを診ると明らかに溶連菌感の様相を呈していた。最近はインフルエンザなども検査をしないでインフルエンザの薬を出すと、支払い基金で削られるという矛盾があるので、溶連菌の検査を行うと案の定陽性に出る。
 月曜日くらいまで抗生剤を飲んでいたようであるが、溶連菌には効かないタイプのものであったようで、すこし運が悪いが仕方が無い。
 溶連菌感染は相変わらずパラパラとおり、感染性胃腸炎も少しいる。
 薬をほとんど飲まないで安定されていたが、転居をきっかけに少々不安定になったパニック障害の患者さんがみえたが、若い人で柔軟性があるのでパキシルを使用することに同意された。
 別の長い付き合いの年配の男性は、妄想性障害の妻から逃れて生活しているのであるが、心気症的症状で高血圧を悪化させていた。一度不安があまりに強いので入院した折に、スルピリドとソラナックスを処方され不安やこだわりは減少して退院したのであるが、最近になり軽いパーキンソン様の症状が出てきてしまった。
 スリピリドの副作用の可能性があるので、断薬を勧めてパキシルを被せて減薬してきのだが、どうも食欲が無く頭が重いと言い、結局1週間しか切れなかった。もうしばらくは1錠で継続することにした。
 元々の性格と環境、年齢的な問題が、認知的な柔軟性を欠かせているのでなかなかうまくいかない。
 認知的柔軟性を欠くと言えば、人のことは言えない。
 そろそろ学校検診の時期が近づいたが、最近頭に来るのがどの学校でも男女混合名簿を使っていることである。あれは少々認知症が混じって老眼の医者にはストレスになるので止めてもらいたい。
 ジェンダー教育とかいう少々狂信的なものが一時期流行ったが、その流れであろうか。大体名簿ごときを男女混合にしたからといって、何が平等なのか分からない。その理屈で行けばそのうちに名簿の順番も不平等だからと、出席番号も廃止しなければならなくなるかもしれない。
 男女はもともと本質的に平等というか相互補完的な存在であるから、形だけ平等にすればいいなんていうのは認知的柔軟性を欠く発想だ。
 大体男女の名簿を混ぜるなんていうのは、お互いにユニークな存在であるということを忘れさせる愚かな行為だと思う。

 それはさておき、これで明日からは安心して散歩をサボれる。
 今日は一難が塾に寄るとかで少々遅く、すまう(争う)相手がいないのもやはり少し寂しい。
 人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

今日の散歩

 今朝は何時もより遅く、7時ころに起床した。私に似ずスポーツが得意な息子は、昨夜は始めてのバスケットの部活で午後8時ころ帰宅して少々へばっていたが、6時ころ家を出るので当然ながら既にいなかった。
 毎日「学校へ行きたくない」と言いながら、毎日行くところがすごいと思う。私は北海道から30年以上前に茨城の高校に転校したが、積極的不登校で自宅で学習していた。昔はTV位しかないからまだいいが、現代にはゲームやインターネットなどの悪の時間つぶし道具がたくさんあるから、ひょっとしたらニートになっていたかもしれない。
 それはさておき、今日は3日坊主の2日目である。睡眠時間が少々短いためか、心拍数がすぐ上昇するのであまり走り続けずに歩いて、120くらいを維持して30分弱でやめておいた。
 朝食は規則正しく、亜麻仁の摩り下ろし大さじ1杯、バナナ1本、りんご1個、納豆1パック、と野菜であった。
 ところが、先日体重計が斜めになっており、実際の体重が61kgで体脂肪が19%前後であることに気が付き、少し節制をしなければならないと考えている。
 昨日とは打って変わって、また閑古鳥が鳴いた。久々のメスで切開した患者さんはまた膿が出ていたが、昨日よりは炎症の程度が軽くなっており安心した。
 明日は三日坊主の今週最後の日であるが、どうなることであろう。

人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

昨日の出来事

 昨日は月曜日であったので、三日坊主の散歩の1日目を行った。年齢から計算すると最大心拍数は170程度である。マフェトン理論では130程度をターゲットポイントにすればよいのであるが、あまり時間がとれないので、ウォーミングアップとクールダウンで30分程度の散歩が終了してしまう。
 本日は10分程度歩くよりも遅いジョグをしたが、消耗戦の季節にはほとんど運動をしていなかったので、あちこちの筋肉痛が痛い。肩は50肩らしく、息子とすまうをして可動域を超える動きをすると激痛が走る。
 今朝も食事は規則正しく、バナナ1本、りんご1個、納豆1パック、胡瓜1本を基本とし、豆乳を200mlほど飲む。
 月曜日であったから、少しは患者さんがみえた。嫁姑の悩みのある患者さんからは、「先生はお孫さんはいますか」と訊かれて微妙な感じがした。たいていは白髪と禿を別にすれば、若く言われることが多いからだ。
 昼前に久しぶりでメスを握り、感染性の粉瘤を切開する。血を見るのは怖いが仕方が無い。
 薬を飲むのも怖い全般性不安障害の方や社会不安障害の方や、解離性障害を伴うパーソナリティ障害の患者さんを風邪の患者さんの合間に診る。
 昼は妻が息子の為に作った弁当のおかずを主体とした飯を食べる。
 夜はするめとビールとバナナ、ラム肉と野菜で済ませる。
 今頃こんなことを書いているようでは、今日の朝は三日坊主の散歩は出来ないかもしれない。
人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

竹の子ご飯

20060416214533
今年初めての竹の子ご飯を作った。
何時もは竹の子を煮ることから始めるが、面倒な気がしてパックの竹の子を使った。
少し薄味だと思ったが、妻は美味いと言っていた。
一難とは久しぶり軽くにすまう(争う)をしたので、彼からのコメントはなかった。
高校に入り、バスケをやるとかで筋トレをしており、あと少しで負かされそうである。

人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

卵ピザ

20060416100314

 しかし段々と腹が減ってきてしまった。腹が減っては戦も研究も出来ない。
 まず出来ることから研究を始めよう。卵を使った実験で、昨夜作ってそのままパン製造機に残っていたビザ生地のようなもので、卵ピザを作ってみた。
 この後のぐちゃぐちゃした写真はお見せできないが、鳥インフルエンザには役立たないが、とりあえず糊口をしのぐには十分な味であった。
 あと5ヶ月もすれば一日2個くらいは卵が手に入るので、いろいろと研究が出来そうである。






人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

その後の鶏の研究

20060416094220

さてその後の鳥インフルエンザの研究であるが、ひよこ自体は着々と育っており、新しい羽も生えてきている。
 ただ管理人の免疫学やウィルス学、生物学などの知識不足、および実験装置の貧困さなどがあり、今後の難航が予想される。
 本日は3日坊主の散歩を行い、35分ほど歩いた。
 昨夜は少々高カロリー・高脂肪の食事を取ってしまったので、朝飯は認知症を遅らせるための緑茶一杯とした。
人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

森昌子がパニック障害?


「パニック障害だった」 森昌子 著書で告白
 6月7日に「バラ色の未来」で再デビューする歌手、森昌子(47)が、きょう15日発売の自伝本「明日へ」(幻冬舎、1260円)で、「過換気症候群」と呼ばれる一種のパニック障害を患っていたことを告白している。
 ストレスや不安などから突発的に呼吸困難を来たす病気で、昨年2月に自宅で倒れて緊急入院し、「自殺未遂」と騒がれた件は、この発作が原因だったと説明。
 さらに、医師から最低でもあと2、3日は入院が必要と言われたにもかかわらず、翌日、記者会見で病状を説明し終えた元夫で歌手の森進一(58)から「明日、退院しろ」と命じられたことも暴露している。
 その理由は、ハワイで友人とゴルフを楽しむ約束をしていた進一が、入院中の妻を放ってハワイに行くと、マスコミから悪者扱いされる恐れがあったため、などとしている。さらに、進一の態度に殺気めいたものを感じて、退院を無理やりOKしたことなどが生々しく綴られている。
 こうしたストレスや、夫婦ジョイントコンサートを通してお互いの考え方の違いに気づいたことなどが、昨年3月に進一と離婚する原因となったようで、昌子は同書で「パパ(=進一)は私の気持ちを十分の一も分かっていない」と断言している。
 ほかに、離婚成立後、進一と親権、養育費などについて話し合う姿や、離婚当時は照明のない部屋でろうそくで生活していたことなども赤裸々に打ち明けている。
 昌子は16日午後3時半から、東京・銀座の福家書店で出版記念サイン会を行う。
(04/15 00:29)


森昌子さんもパニック障害なのですか。過換気症候群とパニック障害は確かに重なることもありますが、本当は「一種のパニック障害」というのはちょっと間違いかな。
 ストレスや不安からという心因が大きいようですから、パニック障害というよりは「過換気症候群」なのでしょうね。まあ、どうでも良いけど。
 森進一さんの弟は確か医者ですから、病気のことも少し分かってもよさそうなもんですが、夫婦には夫婦の秘密がありますから、本当のことは分かりませんね。夫婦関係のもつれから、過換気症候群やヒステリー発作を生じる場合もありますが・・・。
 しかし芸能人は、自分の病気をネタに稼いで這い上がりますから、なかなかたくましいもんだ。
 私のパニック障害の患者さんにも、芸能人の逞しさを伝えたい。

人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。
 

閑古鳥が鳴いた

 昨日とはうって変わって、本日は穏やかに閑古鳥が鳴く日をすごした。
 最近の傾向としては、感染症ではやはり感染性胃腸炎と溶連菌感染症の方が多いことだろう。
 花粉症の方は、今年は楽なようである。減感作療法をやられた方も、調子が良いようで今シーズンは来院されない。
 数年付き合った喘息の患者さん一人が、先月だか先々月だか無事ステロイド吸入を終了されてよかった。別の治療が少々いい加減だった少年も、中学に入り割と安定してきている。
 心療内科・精神科系では、ここのところと解離性障害の方が目立つ気がする。
 出入りの薬屋さんが、4月に入ってからは、あちこちの医療機関が割りと暇なようですと語っていたが、確かに厚生省の目論見は効いてきているようである。
 世の中ミニバブルだとかいうのに・・・。
人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。
 
 

今日の朝食

 今朝は息子を駅まで送った後、インターネットをしていたので散歩に行くのが遅れてしまい、3日坊主の2日目は20分ほどしか歩かなかった。
 朝食は例のごとく、バナナ1本、りんご1個、トマト1個、ナスの漬物1本、亜麻の種の引き割り大さじ1杯、納豆1パックである。
 カロリーはおよそ420Kcal、たんぱく質は13.2g、塩分は1.3g、カルシムは78mg、マグネシウムは126mg、食物繊維は12.6gと言うところだ。
 体重は58.8kg、体脂肪は17.7%で昨日より200g程痩せた。体脂肪なんていうのは誤差が多いだろうから、18%前後で変動していると考えられる。
 昨日は介護保険の前の診療がバタバタと少し混んでしもうた。
 今日はどうであろうか。
人気blogランキングへ←朝食の栄養分析を載せたが誰も興味ないだろう、とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

今日のはじまり

 ヤブーは今日また三日坊主の散歩を30分ほどした。
 今日の朝飯は、磨り亜麻仁大さじ一杯、バナナ一本、りんご一個、
納豆一個、茄の漬物一本であった。オレンジを一個食べようと思ったが、時間が無いので止めた。
 サルのような食事であるが、大体朝はこんな感じだ。
 本日は介護保険の審査会があり、少しばたばたしている。

人気blogランキングへ←後で朝食の栄養分析を載せよう、とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。 

昨日のちょっとしたニュース

 昨日の当院のちょっとしたニュースです。
 月曜日に発熱と気管支炎症状で受診された患者さんが、熱が下がらないということで昨日再受診されました。
 肺炎の有無の検査のためにレントゲン撮影と念のためにインフルエンザ抗原の迅速検査を施行しました。
 その結果、幸いに肺炎は無かったのですが、なんと「インフルエンザB」でした。
 もうインフルエンザAもほとんどいなく、今年は当院ではBの患者さんは五指に満たない程だったのですが・・・
 やはり基本に返って検査も必要ですな。
 皆様もどうぞご用心。

人気blogランキングへ←まだインフルエンザになることがあるんだと思った方、とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

先週の感染症の動向

 先週の当院の感染症の動向です。

1.ムンプス    1名
2.感染性胃腸炎  2名
3.溶連菌感染症  4名

今年は花粉症の患者さんも過ごしやすいようですが、最近少し寒い日が続いております。
当院も寒い日が続きそうです。
皆様も風邪など引かないようにご用心を。
人気blogランキングへ←とりあえずポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

回らない寿司

20060410085411
昨日は次女のところに妻と届けものがありました。
お昼は久しぶりで回転しないお寿司をいただきました。長女には内緒です。
一難は午後三時すぎまで寝ていたようで、今日からの高校新学期にふらふらしていきました。まあ眠れませんわね
子供らはみな今日から新学期。ヤブーはまた日々の暮らしが始まります。
人気blogランキングへ←寿司が食べたくなった方はポチッと。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

混合診療解禁か

 今回の診療報酬の改正でちょっと話題になっていることの1つに、「禁煙治療」がある。
 喫煙はほとんどすべての病気のリスクを高めるが、ニコチン依存症の方のニコチン切れによるストレスにはとりあえずの特効薬である。
 従来から禁煙の補助的薬品として、ニコチン貼付剤が医薬品として用いられていたが、それを用いる治療もニコチン貼付剤も保険が利かず自由診療で行われていた。
 この度の改正で、ニコチン依存症の治療が保険で出来るようになるという噂であったから、当然ニコチン貼付剤も保険でまかなえるようになると考えていた。何人かの患者さんからも禁煙治療の問い合わせがあった。
 しかしいざ蓋を開けてみると、禁煙外来の診療費は保険が利くが、ニコチン貼付剤に関しては、従来と同じように保険外の医薬品扱いで自費となる。
 ということは、お上が禁じているいわゆる「混合診療」を、お上自体が開始したということになる。しかも禁煙外来の許可を貰うには、色々と条件がやかましい。結局我々プライマリケア医などは、ニコチン貼付剤のみを処方して、禁煙診療はサービスでやる人が多くなるだろう。(まあ、その方が患者さんも安くて助かるし)
 医療の世界でも意図的に格差が作られつつある。保険診療と自由診療の相乗りが広がり、保険診療の部分が圧縮縮小され、外資系を中心とした、個人の健康保険がどんどん増えるであろう。
 医療機関も二極化し、金持ちを相手にする高級医療機関とそれ以外の物ができ、やがてヤブーは食べていけなくなる。
「満つれば欠くる」というが、ついに満つることも無く消滅か。
 嗚呼、残念無念。
 時の流れは悲しいね。

人気blogランキングへ←老兵は去るばかりです。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

お茶は眠気をとるのかリラックスさせるのか

 昔はお茶は眠気覚まししか使わないと思っておりましたが、そういえば「茶飲み友達」とか言って、お年よりは世間話をして和むときにもお茶を飲んでましたね。
 お茶にはカフェインが入っているのは知られていましたが、最近は緑茶のテアニンでリラックス、なんていう飲み物も売られております。
 テアニンはお茶のうまみ成分の1つですが、テアニンを飲ませるとリラックスの1つの指標である脳のα波が増加したり、月経全緊張症候群の症状が改善されたなんていう報告があるようです。
 西洋医学の考えでは、興奮させるエレメントとリラックスさせるエレメントを別々にして、薬として用いようとするのですが、東洋医学の考えでは、人間が状況に応じて興奮作用とリラックス作用のいずれを用いるか選択するので、お茶そのものを飲めばいいと考えます。
 まあ日本人には、やはりお茶そのままがいいでしょうか。

人気blogランキングへ←茶のみ友達というのは、本当は大切なもののようですね。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

 

今日は寒いですね。

 頭がシャープになるというので普段は飲まないお茶を2杯も飲んだためか、今朝は久々に6時頃に目が覚めてしまいました。
 いつも3日坊主の散歩を30分ほど行いましたが、いや今日は寒いですね。次女の大学の入学式の日なのですが、娘の孫の婆さんしかいけません。もう本人は友だちが出来たみたいですから、誰も来なくてもいいようなことを行っていましたが、そういうわけにも行かんので・・・。
 子供は大きくなると素っ気無くなり寂しいものです。あと昨日長女の学費を振り込んだそうですから、余計に今日の寒さが身にしみます。
 頭髪も懐も年々寂しくなるばかりだ・・・

人気blogランキングへ←楽は苦の種。苦は楽の種。因果は巡り、自業自得ですね。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

 

英語は中年から?

 小学校から英語を教えるという話が少し議論を呼んでいるが、これに関しては数学者の藤原正彦先生などと同意見で、「英語よりも国語、敬語」の立場を支持する。
 「その人の思考能力はその人の母国語の言語能力を超えない」というもっともな理論もあるし、子供のときに日本人としての情感を言葉とともに体験させなければ、日本人とは異なる人間ができる可能性もある。
 むしろ日本人は英語を中年からはじめると良いようだ。最近の研究では、中年の記憶力の低下は、集中力の低下が原因だという説がある。
 アンドルー・ワイル医博の意見では、外国語を学ぶことは、集中力と記憶力の両方を必要とするし、バイリンガルになるためには、関係ない情報を無視しながら必要なことに集中しつづけなければならないからだ。
 確かにヤブーは加齢とともに集中力と、関係ない情報を無視する能力が低下している。昔は同時に3つくらいのことはできたが、最近は患者さんと話をしている最中に話しかけられると、健忘が生じてしまう。催眠の混乱技法に掛かるのだ・・・。
 よし、明日から英語を勉強しよう。その前に、忘れかけている日本語の勉強をしなければ
人気blogランキングへ←昔日本の英語教育は下らんことを話せるようになるためではなく、思考訓練の為にやるんだといっていた先生がいました。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

緑茶で頭脳を明晰に

 アメリカの臨床栄養学の雑誌によると、加齢による認知障害の危険性を緑茶をたくさん飲むことによって低下させられる可能性があるとのことです。
 70歳以上の1000人のご老人に対して記憶力と集中力のテストを行ったところ、毎日最低2カップ以上の緑茶を飲んでいるグループのほうが、週に3カップ以下しか飲まないグループより、認知の障害が低かったとあります。
 緑茶に含まれる抗酸化物質が脳を炎症から保護する働きがあるのかもしれません。
 私が最近呆けている訳が分かりました。今からお茶飲みます…

人気blogランキングへ←そういえば、この間回転寿司で英語の達者な外人が「わさびくれ」て言ってましたね。やはり日本食が一番健康にいいんでしょうな。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

とりインフルエンザの研究に着手?

20060405205717

というのは冗談で、二女が居なくなりちょっと寂しいので、ヒヨコを飼い始めました。息子だけでは殺風景なので・・・。
人気blogランキングへ←ちょっと可愛かったぽっちっとお願いします。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

みのさんはまだ立つ?


みのもんたが腰痛経験著書を出版
著書「それでも僕は立ち続ける」のPR会見を行うみのもんた  みのもんた(61)が4日、著書「それでも僕は立ち続ける」(日本テレビ)のPR会見を都内で行った。脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)による腰痛のため1月に人生初の手術を受けた経験をまとめた。「手術をしてくれた病院の外来がパンク状態らしい。全国にこんなに腰痛に悩む人がいるのかと驚いた。僕の経験が何かの役に立てば」。週10本のレギュラー番組を持ち、ますます元気。次の野望を聞かれると「3人の子供が独立して今は女房と2人。できれば子供が欲しい」と豪快に笑っていた。
[2006年4月5日10時46分 日刊スポーツ紙面から]


この人の番組は医者仲間でも評判が悪いですが、いやー元気というか商魂たくましいというか、立派なプロですね。
 脊柱関狭窄の手術は2種類あり、みのさんが受けたのはお腹を開けない簡単な方のようですが、さも大手術のようにみせる演出が旨いですね。
 本は売れるでしょうし、本の題名どおりであれば、子供もできるでしょうね。
 でも、そしたら、今の奥さんとの仲が大変かも!? 
人気blogランキングへ←私も立ち続けてみたい。愛のある方は愛を、お金のある方はお金を恵んで下さっても結構です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。