藪の眼には涙もでない

藪医者ヤブーのブログ 健康に関すること。独り言。 患者さんの話はフィクションです。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » CATEGORY … 電子カルテ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンで疲労困憊する

 昨日の業務終了間際になり、スタッフの一人が「受付パソコンの1台の処方箋発行がうまく行かない」という。

 それで仕事の後に残業作業を始めた。

 受付PCを自分で動かしてみると、ちゃんと動くではないか。

 しかし彼女の話では、ちゃんと動くときと動かなる時があるという。

 ソフトのバージョンが古くなっていたので、それも影響しているかと思い、新しいバージョンにしようと思った。

 そこでレセプト会社のHPを見ると、な、なんと、予定していたものより更に新しいバージョンになっているではないか@@

 しょうがなく、全部のパソコンのソフトを最新のものに交換することにした。

 ついでながら、データベースのソフト自体をaccess2000から2002形式のものにする作業も始めた。
 
 これはもう何年も前からやらなくてはいけない作業であったのだが、ぎりぎりまで先のばしにするというADDの傾向のヤブー

 であり、しかもここ数年雑務に追われる日々でやっていなかったことだ@@

 サーバーのデータベースを2002にした後、各パソコンのものを2002にしたのであるが、うまく行かない@@

 要するに処方箋のQRコードが表示されなくなったのである@@

 これでは、なんのために作業を行ったのか分からない。

 幸い一台のパソコンでうまく行ったものがある。

 それで、今度はそのパソコンから各パソコンにコピーを始め、9時半ごろにようやく作業が終了した。

 外に出ると、おりしも台風接近の影響で雨。

 おまけに帰路の途中の高架線のトンネルは通行止め。

 家に帰ったのは、あの最悪無比の古舘氏の情報操作ステーションの音楽が流れるころであった@@

 嗚呼!
人気blogランキングへ←気が向いたら、押しておくれ

FC2 Blog Ranking←気が向いたら、これも押しておくれ   


 
スポンサーサイト

今日も始まる

20051001083305
さあ今日から十月である。ダイナミクスで老眼に鞭打ちながらの診療を始めよう。

電子カルテ「ダイナミクス」

ヤブーは弱小クリニックを開業して9年目に入っている。
受付の医療事務の処理は、T芝のレセプトコンピュータを
使用していた。
自転車操業であるから当然リースであるが、確か300万円
以上はしていると思う。しかも年間何十万円かの保守料を
払うのだ。
コンピュータには寿命があり、段々とハードディスクが
奇妙な音を立てながら回っていた。昨年はついに受付画面に
奇妙なずれが生じた。
T芝の会社に見てもらうと、HDの異常もあるとすぐ取り替えて
くれて一応直った。以前から変な音が出ていて、保守料を
払っているのだからもっと前に変えてくれればいいのにと
おもいつつも何とか仕事をしていた。
そのうち事務のほうから「カルテの置き場所が足りなくなって
きた」と苦情が来た。患者さんが多いわけではない
インフルエンザの季節に一度しかいらっしゃらない患者さんの
カルテも、最低5年間は保存しておかなければならないから
段々と不良債権化するのだ。
ウィンドウズ95で動いていたコンピュータも劣化して遅くなるし、
カルテの置き場所もない。これはいわゆる電子カルテにする
しかないと思ったのが、今年はじめの運のつき。
インフルエンザは流行らないだろうと思い、1月からT芝の
レセプトコンピュータと平行し、工学部と医学部を卒業した
吉原先生が開発した電子カルテダイナミクスを導入
したのだ。
慣れるまで最初は職員も私も泣きたくなることもあったが、
現在はお蔭様で非常に快適に仕事をしている。

何しろ開業医が開業医のために作ったソフトである。
痒いところに手が届き、しかも値段が安い
これから電子カルテの導入を検討されている開業医の
先生方には、ぜひダイナミクスを導入することをお勧め
する。

当院の場合、後は患者さんが来てくれることを祈るばかりだ
それと、心療内科系の患者さんがいらっしゃると、話をよく
聴かなくてはならないので、つい電子カルテではなく全止
カルテ
になってしまう。とほほ。

banner_04.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。